CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

旅人ってお金ってどうしてるの?定住しない人の仕事、働き方

行きたいところに、行ける時に、行きたいだけ行く!と決めて、そうしてきた数年間。長期間旅人だったり、日本でもあっちこっちに住んだり、引越しは25回以上を超えています。一番よく聞かれたのが、お金ってどうしてるの?今後どうするの?と言うこと。あまりにも多かったので、ここで答えておこうと思います。

私は、働き方に制限をしていません。正社員、契約社員、バイト、派遣、フリーランス、形を決めずにいろいろやってきました。同時進行の時期も当たり前にあります。

常に貯金もしてきました。そして、たまったらどーんと旅で使う感じでした。働いている期間も、ジムにも行って、遊んで、矯正や脱毛もしていました。モノより思い出や体験代、その後にも役に立つことにお金を使っていましたが、これは正解だったと思っています。

派遣制度を利用

はじめは正社員をしていましたが、2年足らずでやめました。定住しないため、正社員はむきません。フラフラしている人を会社は求めないし、私も拘束されるのを求めていないので、全くマッチしないと思ったから。

次に利用したのが派遣。

私の業種は(それだけでもないかも)、大手以外はサービス残業当たり前だったので、残業代が出る派遣の方が月給が高くなりました。他にもいろいろとメリットを感じたので、主に派遣社員として働くことが多くなりました。

派遣のメリット・デメリット

派遣はいろいろ言われますが、私が感じたメリット・デメリット書いてみます。

f:id:clearlist:20170822210354j:plain

派遣のメリット

やるべきことが明確

雑用激減です。電話や来客応対、掃除当番、バイク便代わり、あらゆる雑用をしなくてよくなり、一つのことに集中できます。

気楽

責任の重い仕事は正社員の方にまわるので気が楽。正社員の頃は何でもかんでもYESで抱え込んでしまって、辛くなって辞めることになったり(断り下手だったので)、体が蝕まれたりしました。

派遣だと、気が楽なので少しゆるめられました。結果、お互いにとって満足のいく関係を保ちながら気持ちよく働けるようになったなと思います。

サービス残業なし

残業代が出ます。サービス残業当たり前のブラック企業よりも、時給制の派遣の方がもらえる額が多くなります。休日出勤でももっともらえます。その代わり、能力がないと無駄に残業することになり、会社としても渡す金額が増えてしまうので、そういう人はおそらくさっと切られます。そこは当たり前か。

やめやすい

1~6ヶ月更新なので辞めたくなったら更新しなければいいだけ。お互い気持ちよく終了できます。

揉めても営業さんに相談できる

何か困ったことは、派遣会社の担当の営業さんに相談できます。私は面倒なので、直接派遣先のリーダーに相談してますが。。営業さん相談してもそうなるだけなので。

でも、面倒なこと、言いにくいことを間接的に言ってもらえるのはいいと思います。

仕事がすぐ見つかる

あまり正社員をしようと思ったことがないのでわからないのですが、正社員よりもすぐに仕事が見つかる感じがします。1日10~20件紹介の電話がかかってくることもありました。東京の場合。

バイトより時給が高い

バイトで働くより時給が高いです。

スキル評価される

派遣の紹介=スキルの評価 職にあぶれてしまうのはスキル不足になった時。そう思うと常に成長したいと頑張れる気がしています。

ただ最近は人材不足なので、どこでも見つかる気もしています。

人間関係がドライでOK

場所にもよりますが。今の職場はつかず離れずでめちゃくちゃ楽。例えばランチは、行きたい人が行きたい時に行きたい人といける空気。

たまにみんなでいくという感じ。誰も無理してません。なぜか元海外在住者がはからずも多かったからかもしれません。自由です。でも、楽しくてとてもいい職場です。

色んな会社で働ける

一つの会社を見るより、たくさんの会社でたくさんの謎な常識やら、人やら働き方を見れたのは面白かったなと思います。

大手で働ける

狭き門の大手企業でも派遣社員としてなら正社員になるよりも簡単に働けます。

ライフスタイルで選べる

週3勤務、時短勤務などライフスタイルに合わせて選べることもあります。

派遣で働くデメリット

デメリットを考えてみました。私はメリットの方が圧倒的に大きいのでデメリットはあまり気にしていません。

きられる可能性あり

能力がないときられます。技術を磨き続け、成果を出す必要があります。

と思ったけど、人材不足でそうでもないかもしれない。

ボーナス無し

ボーナスありません。個人的には正社員でももらったことなかったので、派遣にしたところで落胆することもなかったです。

審査が厳しくなる

家の契約とかローンとか、審査が厳しいと通りにくいかもしれません。

福利厚生の充実度

派遣も、福利厚生があるし十分だと思っていますが、きになる人はいるようです。大手で働いている友人の豪華すぎる福利厚生と比べたら微妙でしたが、そうでないなら十分じゃないかな・・と思います。個人的には。

給与が少ない

会社によると思います。私の場合、正社員時が激務(時に薄給)だったので増えました。

将来の不安 

何年かで契約が終わらないとダメ?みたいな決まりがあるようですが、そこも通り抜けれると思います。実際、10年いる人います。だから別にいいかなと思っています。

時給制なので休んだ分もらえない

お正月とかお盆休みとか・・。これは正社員の方が羨ましいですが、他のメリットが大きいので今の私にとっては、正社員<派遣社員 を選びます。

仕事をたやさないコツ

年齢が若いうちはどこでも見つかる気がしていますが、それ以降はスキルや経験必須だと焦りを感じつつ、私が派遣だとしても意識している働き方を書いておきます。

と思っていたんですが、人材が足りていないようなので、案外いつまでも働けるような気がしています。楽観的に考えておきます。

成果を出す

辞める時は経歴書にかけるくらいの成果を出してから辞めています。成果があった方が自分を肯定できるから。ただそれだけの理由です。

お金を意識する

自分が貰うお金、派遣先の会社が私を雇うのに払うお金以上は稼ぐことは考えています。私がいることでどのくらいこの会社に儲けが出ているかを意識すると、なんとなくモチベーションも上がります。

数字が分からないのに、仕事だけが増えるとなんだか萎えるのです。

きりのいいところまではやる

その企画が世に出されるまで、カオスがスムーズになるまで、無事に終わるまで、など。途中で辞めることはほぼしません。そのくらいの責任感と緊張感と少しのストレスは働いていたいなとただ自分が思うので。ちょっとの負荷は持っていたい。

一貫した職種で働く

職種を一貫させています。ドライバーやったり事務やったりいろんな職種に手を出すのではなく、同じ職種で働きます。だからか?たくさん辞めていてもすぐに他が見つかります。

この業種にしているのはそれが楽しいからということもありますが、一貫することで安心しておきたいのが大きいと思います。一貫しておいたほうが経歴が積まれて仕事が見つかりやすいと思い込んでいるので、自己満足かもしれません。

スキルアップを常に考え続ける

のらりくらりしすぎると次見つからなくなる不安があるので、不安を消すためにスキルは維持もしくは、つけるようにします。即戦力になったほうが見つけやすいと思っています。真偽はわかりません。

最近のらりくらりですが、多少の緊張感を持っていたほうが張り合いが持てるので、意識していたいと思っています。

脱線しますが、今後、スキルや能力や成果を評価される平等な社会にもっとなっていくんだろうと思います。途上国の人でも、どこに住んでいようとも、スキルが高かったら同じ対価をもらえると。焦りますが、それを考えたらもっと努力しないとな〜と思います。

多様な働き方に

何にしてもデメリット・メリットはあります。 正社員なら動きにくいとか、バイトは自由度高いけど安いとか。

世間で言われるデメリットが自分のメリットかもしれないし、流されず、自分が何を一番にしたいかで決めればいいと思います。うまくつきあって、利用していけばいいんだと。 働き方も形にとらわれず多様で良いんじゃないでしょうか。

どんな形でも価値を与えられる人であれば、価値あるものを手に入れられる人でいられると信じています。

東京に住んで東京で働く!【TokyoDive】