CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

情熱があっても伝わらなければ意味がない!伝える力を伸ばして人生を変えるとっておきの本2冊

以前かなりひどいプレゼンテーションをして、恥ずかしかったのと猛烈に反省したため「伝える」ということについて考えてきました。 そのとき読んで役に立ったの本とその中で日常に取り入れられそうなコツを紹介します。

 f:id:clearlist:20160622094253j:plain

私が「伝え方」を変えたくて読んだ中で、役に立つ!と強く思えたのがこの2冊。

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書/ 魚住りえ(著)

伝え方が9割 / 佐々木 圭一 (著)  

どちらも、プレゼンテーションや講演の機会がなくても、日常的に取り入れられる伝え方の方法が惜しげもなく詰まっていました。

第一印象を変える!人生も変える?声と話し方のコツ

話し方や声質は、外見と同じくらい第一印象に影響するもの。常に使うからこそ意識して変えていければ、人生にも大きな変化があるかもしれません。

話すことについて研究し、意識している話し方のプロである、アナウンサーの魚住りえさんが、経験をもとに書いた話し方、伝え方のコツ集になっているこの本(たった1日で声まで良くなる話し方の教科書)は、プレゼンの場ではなく、電話、営業、会議、日常、雑談、初対面、デートなどあらゆる場面で役に立つ内容。その中で今からでも使えるコツを一部紹介します。

腹式呼吸で話す

・滑舌は筋肉を鍛えることでよくなる

・どんな話し方が理想か目標設定をする

・大勢の前では高い声で

・録音して自分の声を聴く

・笑顔で話せば好印象を持たれる

・話す前に話すプランを考える(どこを強調するかなど)

・相槌は声にださない

・文章は短く話す

・えー、あーを入れずに話すには、話し終わった後に口を閉じる

・体は不要に動かさない

・伝えるための身振り手振りは積極的に

・強調するには高く、大きく、ゆっくり

・低くてゆっくりな声は商談に向く、高い声はデートで相手の心をつかむ

腹式呼吸が出来るように服はきつくないようにする(プレゼンなど)

話すことは日常的に行うことだから、話し方、声質が変われば人生も変わるくらいと言っても過言でもないと思います。

声質や話し方を意識したことがない人はのびしろがたっぷりあるということ。声や話し方で大きく印象や伝わり方は変わるので、音の表現のプロからそのコツを学んでみてはいかがでしょう。

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

なぜか伝わらないを解消。伝えたいことが簡単に伝わる?伝える力を持つ方法

何かを伝える時、同じ内容なのに、話し手や書き手のによって、相手への伝わり方が異なります。結局あの人の言いたいことってなんだったの?何も残ってない・・よくあることです。

せっかく伝えたい内容は素晴らしくても、何が言いたいか伝わってないなんてもったいないです。言いたいことをよく伝えられる人、それを印象に残せる人、何が異なるんでしょうか?それにはコツがあるのだとこの本で初めて知りました。

伝わる内容(文章)を作るコツ

1:サプライズ法ーサプライズワードを入れる。例 そうだ、京都行こう

2:ギャップ法ー反対の言葉を両方使ってギャップを作る

3:赤裸々法ー体の反応など詳しく入れてみる 例 会いたくて会いたくて震える

4:リピート法ー同じ言葉をリピート

5:クライマックス法クワイマックスワードからはじめる 例 ここだけの話

これを意識していると、グンと伝わりやすくなるそうです。5つの項目だけなので、日々取り入れやすいのが嬉しいですね。

 

この本には伝えるコツ以外に、NOをYESに変える方法ものってます。これは想像力が必要ですが、日々役に立つ内容でした。デートの誘いにのってこなかった愛しい人のデートの約束が決定するかもしれません。

伝え方が9割 / 佐々木 圭一 (著) 

実践後に気づいたプレゼンテーションのコツ

これを読んだ後、プレゼンテーション大会を終了しました。反省点やフィードバックをふまえ、今後に役立つプレゼンテーションを良くするポイントをまとめました。

第一印象を変える

・姿勢は正す

・挨拶+話題

ウイスキースマイル

・ハーフアップは耳より高め

・口紅はつける(印象が健康的に変わります)

・お辞儀は早く傾け、戻るときゆっくり

・立つ時は、かかとつけてつま先は広げる(キレイな立ち方)

・襟元、手元、足元を整える(この三点がしっかりしていれば、全体もしっかりして見える)

・表情をつける

話し方で印象を変える

・短い文を使う

・具体的イメージ をさせる

・具体的エピソード

・アイコンタクトを取る

・人に投げかけるのも有効

・表情を豊かに(眉毛も使う)

・言葉遣い=気遣い

・明るく、優しく、美しく 声の大きさや使う言葉を(肯定表現)を気遣って、明るく わかりやすい文で、優しく そして、美しくする

・内容は7割

・初めの挨拶時は明るめに

・短い文にまとめる

伝わりやすい内容を作る

ブログにも使えることです。

・キーワードを1つに決める

・要点は明確にする

・要点は絞る(いらないものは削る)

・大事な要点は繰り返す

・準備をたくさんする

誰かに何かを伝える、ということは毎日行っていること。 伝えるコツは知っておくと必ず役に立ちます。

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

 

伝え方が9割