CLEAR LIST.com

クリアになって、クリアしていく、クリアリングライフ

ミニマリスト旅女が一人暮らし(引越し)のために買ったモノリスト

10年ぶりの一人暮らし。シェア暮らしだと不要だった大型家電や家具、キッチン用品、ベッドなど手に入れる必要があり、一気に購入しました。

引越し先で使うものは、楽天Amazonで一気買い

1:一人暮らしで毎日使う大型家電

洗濯機・・まずこれ!

服が少ないので毎日洗濯必須。母が洗濯魔なので受け継ぎました。

冷蔵庫・・久しぶりの料理にワクワク

必要です。小さい冷蔵庫のみで過ごしたことが何年もあるけど、冷蔵庫大きい(2ドアの普通サイズ)方が食べ物が豊かになると感じたのでなくせません。

不具合(霜が・・)があったけどすぐに交換してもらえました!

レンジ・・簡単に食べたい時の味方

毎日フルで料理を作るのは、わたしには続きません。ご飯は一気に作って冷凍、他のおかずも冷凍。基本的に作りたてがいいですが、忙しい時や面倒な時は冷凍庫フル活動するので、それに伴いレンジも使います。

ない頃も長い間あったけど、これもあった方が料理の幅も手間も省けるし、充実してたなと思ったので買いました。

 

この三つの家電を中古で購入。新品がいいけど、いつ引っ越すかもわからないのでこれで十分。使いこなせないから、家電の機能は最小限でいい

届いたレンジと洗濯機は新品かと思うくらいキレイ。冷蔵庫は不具合があったけどすぐに交換してもらえたし、この値段で全て満足できるものでした。

90日間交換保証付で良心的!なのも非常に良い。最低限のことができれば良い方、↓のお店、オススメです。

2:美と健康の要!キッチン用品

ガスコンロ・・料理するには必須

一人暮らしで二口コンロ!シェア暮らしが長かったので、これがとても贅沢に感じます。嬉しい!

レンジもほぼ新品の中古買い。火がつけばいいのでなんでもいいので。ガスホースがなくて慌てて買い、それもサイズが合わず、ハンズに走りました。

が、これも中古とは思えないくらいの美品!問題も全くなし。満足!!中古万歳!!!

キッチン道具・・アマゾン買い

引越し当日から欲しいので、調理器具の基本的なものはアマゾン買い。フライパン、鍋、フライ返し、包丁、まな板、おたま、カトラリーなども購入。

食器はニトリ

とりあえずの食器類はリアル店舗で買いました。料理するならそれに応じて良いものにアップデートさせていきます。お皿は和でも洋でもいけそうな木製を選びました。

3:快適な睡眠で気持ちいい毎日を

マットレス・・

ベッドか布団か迷いましたが、その中間のマットレスにしました。一番早く発送してもらえるものに・・・初の低反発(セミダブル)です。寝心地悪くないです。何より厚すぎないので、ベランダで干せそうなのがいい!

低反発マットレス 8cm 

ベッド・・

布団かベッドかで迷った結果、ベッドとマットレスを購入することに。

理想のお部屋の画像を見ているとほぼ高さのあるもの(ベッド)を使っていて今の好みもベッドがいい、でも敷くものは干したい、というどちらの利点も叶えました。

ベッドもマットレスもセミダブルサイズ。一緒に寝る誰かがいるときにシングルは狭すぎるし、ダブルほど大きくなくてもと思ったのでこのサイズ。過去もほぼずっとセミダブル。絶妙な大きさのセミダブル好きです。一部屋寝室にできるならダブル希望。

羽毛布団・・

軽くて暖かいのが一番!中綿からのアップデートしました。京都の冬は寒いから・・。

4:一人暮らしで必須の日用品

トイレットペーパー、洗濯洗剤、台所洗剤、調味料、食料品、一気にアマゾン(パントリー)で購入。重くなりそうだったのでネット買いが正解だと思います。アマゾンの方が早かったので楽天を使いませんでした。

結局アマゾンからは3箱届きました。

5:京都暮らしで必須の自転車

今のいただきもの自転車は、ずっとパンクしていて重い・・・直す費用と中古費用はあまり変わらなそうなので、買い換えました。

スカートでも問題ないママチャリに変えたのですが、もう快適すぎて何も言えない。パンク自転車ってただのワークアウトでした。

京都は公共のバスや電車より、自転車の方が早い場合も多いのでチャリラーの方が賢い!でもこれも、中古で十分。

近所の自転車屋さんに行った時にちょうど売りに出したところの自転車がシンプルで求めていたようなものだったので即決。8500(税&防犯登録込)円と激安でした。

6:カーテン

日の光とともに目覚めたい私は、遮光タイプは不要。なので、レースカーテンのちょっと厚めのものにしました。

採光・遮像レースカーテン(Nナチュレシャイン)

7:ソファ

寝転びたいのでそれなりに長さがあるもの、片側アームなし、シンプルで探していたらぴったりのものがありました。

オットマンが付いているので長さを変えたり、位置を変えたりアレンジできるのも最高。

グレーを買いました。

8:テーブル

下にものを置けるスペースがあるテーブルが便利だったので今回もそういうものを選びました。そして、もちろんシンプル。かつ、100センチくらい欲しいと思っていたところ見つけたのがこれ。色は微妙なのでテーブルランナーひきます。

 

9:お部屋に癒しを・・植物

パキラ、ストレリチアモンステラ、からの次選んだのはウンベラータ。これも定番の観葉植物。ユッカと迷ったけど、丸い葉っぱの方が穏やかにいられそうだなとウンベラータに。

丸くて元気で可愛いウンベラータちゃんが届きました。

引越しに伴い買ったモノの箱数と費用

なるべく引越し当日に一気に届けてもらうようにネット通販利用を大いに活躍させました。

当日の箱数は・・・・11箱。その後+4箱。合計15箱。ヤドカリ暮らしから一人暮らしに変えるとこうなるようです。いや、もっと少なくもできましたが、もう移動はしないつもりなので少ないことよりも快適さを選び、こうなりました。

これ全てで総額15万くらい。

総額15万の詳細(だいたい)

家電(冷蔵庫、レンジ、洗濯機)38000円

レンジ 12000円

ベッド・寝具 30000円

食器 8000円

生活用品・キッチン道具 20000円

自転車10000円

ソファ 18000円

テーブル 6000円

植物 6000円

ヤドカリ生活からスッキリした生活へシフト

今後、また全て手放して退去することがあっても、15万程度あれば今のレベルの一人暮らしが可能だということがわかりました。※初期費用は別

移動費もこれ以上かかるなら買いなおしたほうが楽。基準を知れた今回の引越しでした。

 

ミニマリスト旅女は、今後しばらく京都に定住し、スッキリクリアな生活をしながら、お気に入りに囲まれたハッピーな城を築いていきます。