CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

男捨離とともに断捨離することにした〜恋愛思考の断捨離〜

お正月に書き初めで書いたこと、また一つ達成しました。 「男捨離」です。

不安、信頼、信用できない部分が拭えず、一緒に幸せになる自信もなくなっていたし、 それを乗り越えようとしてきたけど、そのタイミングもずれてうまくいかなくて消耗。 それから半年、ようやく今回は本当にlove is over

お別れすると未練を残してしまう癖をここでやめることにしました。 切り替えるために決めました。

そして、あの人パートナー切れないよねーって人になります。デートする人がいないっていう状態ではなく、常に誰かしらいる状態にしたいです。ワクワクが強いデートは好きな人だけど、いいなという人とのデートも楽しいので!

そうしてる人を嫌悪してたときもあったけど、悪くもないし、楽しいことを増やそうとするのはむしろ健全で豊か。私の場合嫌悪してたのはただの嫉妬。もしくはそうする勇気がない、できない自分を納得させるための防御だったようです。そう気がついたので、なりたいようになります。

f:id:clearlist:20170625114636j:plain

赤いバラ花言葉「情熱」「愛情」「美貌」「貴女を愛します」

緑のバラ花言葉「穏やか・あなたは希望を持ちえる」

捨てる「彼に対しての期待」→決めた「もう戻らない」

お別れを何度もしているけどその度に迫ってきてくれていた相手。 それに答えてしまってズルズル。相手も今回は本気で別れると知りました。 それを知って落ち込んだのは、復縁を期待してしまったから。でも今回はそれもないようです。これでいいと思います。本当に。ようやくお別れ。お互い新しいところへいくチャンス。 素敵な人にまちがいはありませんが、もう戻りません。未練がましくなったら私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~We Are Never Ever Getting Back Togetherでも聴いていようと思います。

Expectation is the root of all heartache. 期待はあらゆる苦悩のもと

Shakespeareシェイクスピア

捨てる「悲劇の主人公」→決めた「自分で自分を全力で幸せにする」 

幸せな人は魅力的で、そうしているうちに素敵なパートナーは見つかっていく。 逆に人に幸せにしてもらおうとするとうまくいかないし、見つからない。

当たり前かもしれないけど、自分で自分をハッピーにできれば、素敵な人とまた巡り会うんだと思います。

経験的にも素敵なパートナーと出会った時期は、生活を全力で楽しんでいて、もうパートナー見つけてもデートする時間も惜しいよくらいの時。 それに見合った人くらい素敵な人とたいてい出会います。 結婚を含むうまくいくカップル、幸せなカップルは、カップルになる前から幸せな日々を送っていたんだと思います。

捨てる「悲しみにくれる」→決める「わくわくを考える」

寂しくても、思っても、反省してもそれはもうどうにもならない過去のこと。 ある程度涙を流したら、受け入れるしかありません。 後ろを向いてしまう時間を、次の人との楽しくて幸せな時間の妄想に費やします。 別れることで、素敵な人と出会うチャンスができたのです。 別れははじまりなだけ。

そんな映画(500)日のサマー [DVD] でもみて元気出します。

捨てる「ネガティブワード(自爆する、こじらせている、恋愛下手など)」→決める「ネガテイブワードは言わない」

落ち込んでいる時にお会いしたblancのひとりごとのblancさんに言われた言葉「言うとおりになっている」という言葉にハッとしました。

 私が言っていたのは「素敵な人と出会えるし、お付き合いもできる、めちゃくちゃ大事にされる、でもいつも自分から自爆するこじらせ女子。恋愛下手」 ということ。思った以上にこういうワードを何度も言っていたようです。 確かにそうなっている!と猛反省しました。

思っていないことは言わないし、嘘もつけない。だから悲しみの涙流しながら幸せなんてとても言えない。

でも言わなくてもいいワードを言わないということはできます。 今回言ってたネガティブワード口に出しません。誓います!(その前までのワードはいいことなので、あえてでも言います)

昔、出会いがないと思ってたし、よくそう言っていたこともあったけど、今は出会いはあると思えるし、言えます。(出会いがないと言っていた当時は待ってるだけだったし、周りを全く見えてなかっただけ)

なのでポジティブに思えるようになって(こじらせているではなくて恋愛上手、自爆するのではなくて恋愛したらお互いすごく高めあえて最高 など)、 そう言えるようになったら嬉しい。

捨てる「プライベートに影響がある仕事」→決めた「ゆとり生活」

半分多忙、半分暇だった仕事が色々と変わってきて、ずっと忙しいになってきました。 半分多忙の時でもプライベートが楽しめない時期になっていたので、働き方改革を遂行中。

自分が自分のことご機嫌にできない時、うまくいくものもうまくいかなくなります。 パートナーとの関係もそう。

これも書き初めに書きましたが「ゆとり生活」をもっと強化します。 体力気力が減ったというのもある気がするので、ジムかヨガに通いたいな〜

優しさが傷をいやす

落ち込んでいた時にお会いしたblancさん。落ち込んでいてネガティブなことを話してしまったと思いますが、どんなことも否定せず聞いていただき、感謝しています。それだけでもありがたかったのですが、ただひたすらポジティブにこたえてくれました。優しさに包まれているようで心地よかったです。

この時を境に前を向き、この記事を書いてもやもやを整理できました。優しさに救われました。ありがとうございました!

私も辛い人の話を否定せず優しく聞き、そして前を向いていけるように話せる人でありたいなと思いました。

一瞬でも落ち込んでいる時の人の優しさほどしみるものはないです!

と思ってたら、友人が突然「紹介したい人がいる」と連絡がありました。このタイミング、女神なの?

「最近うまくいってないみたいだから」って最近会ってなかったけどこのタイミング、預言者なの?

タイミングよく適したことを与えられる女神でも預言者なでもいいから私もなりたい!

やっぱり人の縁に恵まれてる!