CLEAR LIST.com

クリアになって、クリアしていく、クリアリングライフ

幸せになるために日常的にできる簡単な6つの方法

「幸せ」はやってくるのではなく、感じていくもの。 それを感じるために受け身ではなく、積極性は必要だと思います。

その積極性とは「幸せに貪欲になる」こと。その具体的な6つの方法について書きました。

1:幸せになりたいことを”自覚する”

ただなんとなく過ごしているよりも、どうなりたいか自覚して生活している方が、格段にその願いが叶う率は上がります。 意識して毎日過ごせるようになるから当然。

幸せも同じ。そうなりたいと強く願えば叶います。 ということで、幸せになりたい気持ちを自覚し、認めることからはじめます。

2:幸せになっていいことを”許す”

幸せになることを無意識的にだとしても拒否してしまう人がいますが、これは自己肯定力が低いから。

自分にそうなる価値がないと思ってしまって、幸せを自ら拒否してしまうのです。自ら幸せを遠ざけて不幸に突っ込んでいくのです。

それを取り払う方法は、幸せになる価値があることを自覚し、幸せになることを許すことだと思います。

そのために、自己肯定感を持つことが大事だと思いますが、自己肯定感を持つ具体的でわかりやすい方法は書ききれません。

この本「自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法」ん書いてあったのでそのうち紹介します。

幸せになりたいけど、なんだかストッパーがかかってる気がする・・そんな人に読んでほしい一冊です。 

3:幸せになると”決める”

何事も決めてからがスタート。 幸せになることを決めたら物事はその瞬間から動き出します

4:幸せを”選ぶ”

幸せを選ぶということは、自分の「好き」「心地いい」「気持ちいい」「やりたい」を日常的に選んでいくということ。

例えば、今日は焼肉が食べたい、でも高いからやめようというのではなくそれに従って食べに行ったり、心地よくないと感じている飲み会は断ったり、ヘッドスパにめちゃくちゃ行きたいけど私には贅沢だと思っていかないのではなく、いく。

自分の気持ちにできるだけ従っていくということ。 そうしていくことで、充実した時間を増やしていくのです。 これのいいことは、満たされると同時に、自分が認める自分の価値も上がっていくこと。

5:幸せを”見つける”

日常的にある幸せを見つけようとすればたくさんあります。 見つけようとしないから見えないだけ。

意識して見つけようとしたら、幸せでもなんでも見つかります

例えば、赤い車がほしいなと求めたら、強く求めるほど「赤い車」を見る頻度が多くなります。求めたら、どんどん見つかるものなのです。

見つからないと思っているのは、見つけようとしていないだけかもしれません。

6:幸せを”感じる”

見つけたらそれを存分に感じていくだけです。

6つの方法を試した結果

これを日常的にしていくと、特別なことが必要ないほどに日常的に満たされてきます。 毎日が特別で愛おしくなっていきます。 自分も許せるから、 人の幸せを願えます。誰かの前向きな願いや成功を応援できます  気持ちよく過ごせます。ハッピーな時間が倍増します。

歩くパワースポットになった人

f:id:clearlist:20170914212200j:plain

この方法がいい結果をうむ証拠は「私」かもしれません。 「歩くパワースポット」と自称するくらいのお花畑な人になりました。

サービス残業で終電が定時、徹夜もありのワーカホリックが、今は基本定時帰り&徒歩で自由出勤、干物二十代だったのに1ヶ月半で5人以上(アプローチしてくれる方をあわせたらもっと)デートする人を見つけられるような三十代になったり、ギスギスしていたのがゆとりが増えたり、行きたい時に行きたいところに行き、好きな時に好きなことをして、のんびり暮らしています。

刺激的でアクティブな日々も楽しかったですが、穏やかな日々を愛でる今も平和で満足しています。