CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

地上の天国発見!南インドの聖地ゴアの穴場?アランボールビーチの13の魅力

 今まで行った場所の中で、パラダイスってここのこと?と思う場所の一つが南インドのゴアにあります。ゴアはビーチ、パーティー、ヒッピーなどでも有名なところで、好き嫌いがはっきり分かれそうな場所。私は10代後半から行きたかった場所ですが、初めて興味を持ち始めてから15年たった2015年の年末、そこにいました。ゴア熱はすこし冷めていたのに、天国かと思うような場所で、一ヶ月滞在。

f:id:clearlist:20160621142237j:plainそこで友達になった各国の人皆が同じように「天国!」とずっと言っていました。 老若男女、動物関係なくハマる人はすごくハマる、ゴアのアランボールビーチの魅力をお届けします。

1)自由な雰囲気

ランボールの一番の魅力は「自由な雰囲気」!好きなことを好きなようにして、誰も何も気にしない。否定なんて全くしない。そんな雰囲気が天国空間を作り出していました。

それぞれ好きなように海水浴したり、踊っていたり、ヨガしたり、瞑想したり、ジャグリングしたり、物を売ったり買ったり、ジョギングしたり、筋トレしたり、ウォーキングしたり、黄昏たり、泣いたり、笑ったり、夕陽を拝んでみたり。 興味がないのかもしれないけど、お互いがお互いのすることを尊重し、干渉しあわない、でもオープンマインドでそこにいる人とすぐ仲良くなれる自由で楽しくて、心地よい場所。

2)老若男女、国籍、動物、宗教、あらゆるボーダーを越えて楽しめる

f:id:clearlist:20160621143129j:plain

赤ちゃん連れ、家族連れも多く、歳を重ねた素敵な方たちもいます。国籍はヨーロッパの方が多めですが多国籍。アジア人は稀でした。別の土地で出会ったいろんな国の友人も行きたい場所のようで、世界中で人気の場所なんだと思います。

犬も牛もそこら中で遊んでいたり、ご飯食べていたり。時に犬は牛を追い、牛は人間を追う光景もあり、猫も自由に暮らしているという動物も共存しているなと感じました。

インドはヒンドゥー教徒の方が多いですが、この地域は十字架もブッダの像もよく見ます。腰に布を巻いただけのサドゥも黒い衣装で身をまとったムスリム風の人もビーチを歩いていたり・・。ボーダレスで何もかも受け入れるビーチは素敵しか詰まっていません。

3)クリエイティブな人たちが集まる

f:id:clearlist:20160621144002j:plain

いろんなものを作っているアーティストが多い場所でもあります。 ハンドメイドのアクセサリーや楽器や服を売っている人は夕方になると毎日やってきます。 どれも個性的で可愛くて、そこでしか買えない希少なモノ。多国籍な人種な人が集まるのもあってか、個性がバラバラでとても楽しい。

また、ジャグリングをしている人はビーチ中にたくさんいるし、素敵な楽器を奏でる人もいて、ビーチでまったりしているだけでも程よい刺激が感じられます。

4)自然と老若男女が集まる気軽なビーチパーティー毎日開催

f:id:clearlist:20160621144852j:plain

夕方から夜まで、ビーチの一部の場所に(いつも同じ)打楽器を持った人たちが自由に集い、セッションしています。そこは自然と人が集まり、踊り、ダンスフロアと化して、毎日ビーチパーティー開催状態。

散歩したついでに寄れる、浜辺なので裸足で自然を感じられる、宿から徒歩5分の近さ(アランボールビーチは端から端まで20ー30分くらいで、いつも音がなるのは真ん中くらいなので、どのホテルからも近いはず)、寝たければ帰れるし、帰ってもすぐ戻ってこれる、お腹空いたらトウモロコシ屋台あるし、ハンドメイドマーケットもできあがっている(自然と集まってきて売っている)、疲れたら適当に座る、疲れても動きたいなら座りながら踊れる、気軽な野外フェスが毎日開催されるビーチです。

ダンスフロア化したど真ん中に犬が寝ていたり、子どもが突っ立ってたり。、自由!何より、自然の中で裸足で自然と集まった人と喜びを共有できるのが最高です。

5)落ち着いたビーチ

f:id:clearlist:20160621145102j:plain

夕方〜22時くらいまではダンスフロアが出来上がっていますが、昼間はわりと静かなビーチ。ナンパや勧誘も少なく、他のゴアのビーチに比べて穏やかに過ごせます。

6)インドの喧騒さが少ない比較的キレイなエリア

f:id:clearlist:20160621145605j:plain

臭い、汚い、気持ち悪いインドのイメージですが、この周辺はリゾート地だからかその感じは少ないです。インド人も富裕層の観光客がほとんどで、ローカルな人も少ないエリア。その分、いろんな物価も他より高いけど、それでも日本に比べたら格段に安いです。インド初心者にはもってこいの場所。

7)食べ物が選べる

カフェが多く、気軽に入れるお店がいっぱい。インドっぽい食べ物から、洋食、ビーチに最適な魚介系まで食べ物に困ることはありません。

f:id:clearlist:20160621145924j:plain

8) アジアなグッズもたくさん

f:id:clearlist:20160621143937j:plain

ビーチ沿いにも道端にもインドっぽい雑貨屋さんや服が売っているお店はいっぱい!お買い物も楽しめます。Tシャツも200円くらいから買えるかと。

9)ヨガがどこでもできる

f:id:clearlist:20160621150252j:plain

フライヤーがいっぱい貼ってあるので見ていったらいいと思います。ビーチでヨガしている人も多いので、その人たちに話しかけてまじるのもあり!アイアンガーとアシュタンガのシャラ(スタジオ)もビーチから徒歩5分〜10分な所に2ヶ所あります。

10)寝起きで海へダイブ可能

ビーチ沿いでもそうでもなくてもホテルはたくさんあり、ビーチと近いので寝起きで海へ入ることもできます。そしてホテルに戻ってシャワー浴びてまったりして、また入りに行く、ということが可能です。ビーチが近いって素晴らしい!

f:id:clearlist:20160621150202j:plain

11)池でも泳げる

f:id:clearlist:20160621150752j:plain

海もあるのに向かい側に泳げる池もあります。潮を落とすのに最適!ここは違った雰囲気があり、ビーチで海も湖も楽しめるってなかなかないのでは?

12)孤独を感じず、黄昏れる

f:id:clearlist:20160621150507j:plain

黄昏人口も多いので、夕日を見ながら黄昏ることができます。一人でぼーっとしていると心配になったり落ち込んだりしますが、周りを見たらみんなぼーっとしているのでなんだか安心。寂しさも激減です。

13)恋に落ちる(かも)

f:id:clearlist:20160621151020j:plain

私がアランボールについて半月が経った頃、いつの間にか世界中の一人旅者で出来たグループで集まるようになっていました。はからずも男3人、女3人でしたが、一瞬で全員カップルになりました。短い期間でしたが恋は恋、はかなくも楽しくも幸せな日々を送りました。リゾラバといったら軽いというイメージですが、それでも恋は恋。その瞬間はそれぞれが真剣に求め合い、思い合い、心を通わせて愛し合ったと思います。素敵じゃないでしょうか。同じ時にそれぞれ移動したり帰国したりして、今どうなったかは知りませんが、私は友人として繋がっています。