CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

自然の中にある曲線美!女性の魅惑と美と官能を詰め込んだ夜の宝石箱を楽しみにパリへ行く

究極の曲線美は自然の中にあり、身近なところでいうと「女性の身体」にそれを感じます。 そこから生まれる"究極の女性の美は魅惑的でパワフル。 それだからこそ、その特性を生かしたものにものすごく惹かれます。

f:id:clearlist:20160623154349j:plain

そういう理由で女性を美しく魅せるものは大好きなので、有名なヌードショーをみにいくためにパリに行ったことがあります。 モンサンミッシェルよりも私を惹きつけ続けたのは”クレイジーホース”。

女性のエロスを賛美した官能芸術

クレイジーホースは「女性のエロティックな美しさを賛美した舞台芸術」として、誘惑ゲームが視覚化された有名なショーが観られるお店(キャバレー)です。 ヌードショーといっても下衆さはなく、世界中の老若男女を感動させるほど評価の高いもので「欲望や情念が無意識の世界に飛び込んでくる」と監督を言わしめるほどの甘美で官能的で美しい総合芸術。そのショーは、エロスの定義を「究極のほのめかし、誘惑」「身をゆだねずに夢中にさせる」とし、女性の魅力、美を詰め込んだ夢の宝石箱!

触らずとも誘惑できるくらいの魅力を持つ女性を堪能する

これをみると、女性は、"触らずとも誘惑できるくらいの魅力を持っていて、欲求不満と想像力を与え、エロスをうみだす"ことができる素質があるんだと思えます。

美を拒否する女性はいても、醜い女性はいない。

 怠惰な女性もいるが、努力でうまれつきの要素を超越できる。

 女性の美は自分で築き上げるもの

女性美の結晶”エロチカ軍団の兵隊”ことクレイジーホースを率いる芸術監督の言葉です。美を拒否せず、女性という特性を引き出し、生かした美しい女性になりたいと思ったのでした。

パリに行かずとも堪能できる官能美

このショーをみるためにパリまで行ったのに、調べが甘くて半日迷ってたどり着けなかったのは私です・・・。準備期間が足らず、かつ駆け足でまわっていたので前日調べていくというスケジュールだったのと、方向音痴がひどいのでこんなことに。リベンジしますが観たかったので、映像で観ました。映像だけでうっとり。

クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち 【通常版】 [DVD]