CLEAR LIST.com

クリアになって、クリアしていく、クリアリングライフ

「和」「日本」にはまり、海外旅行欲が皆無!歌舞伎(四代目市川猿之助)と哲学

京都に来たからか、日本愛が強くなったのかなんなのか趣味の中に「和」が多く入ってきました。また、マニアックな趣味から、伝統的だったり、老若男女楽しめる趣味へと移行しています。あんなに好きだった海外旅行、なぜか行く気になりません、アングラで耽美な趣味も今は皆無。そのエネルギーは「和」満喫に使いたいのです。

色々経て、最近はまっているものの一つに、四代目市川猿之助さん(歌舞伎)があります。外見と言うより、演技(大河)、彼の伝統芸能への取り組み方や情熱、持っている哲学・考え方に心打たれています。

歌舞伎はまだみれていませんが、素晴らしいこと間違いなしだし、期待がものすごいです。演劇もそうなのかもしれませんが、所作の研究と鍛錬を観たいと言うか感じたいです。ということで、先日ヤフオクでようやく落札できました!(興奮)

四代目市川猿之助を知り始めてから考えたこと、真似したいと思ったこと


・やり続けることが力になる

少しでも、細々とでも続けるということは、やがて大きくなって自分の力となる。だから、何か一つでも細々とでも続けていたいと思いました。

・やり続けたモノが軸となる

ぶれない人はベースがあります。ベースはやり続けている何かがある人は持っていると思います。

・一芸秀でると他も器用にできる

集中力や情熱とかそういう大事な根本を知っているから、それをうまく引き出すからか、何かに秀でている人は何をやってもうまくいくんだろうと。

・ワクワクする

梨園にうまれたから歌舞伎をやっていると思ったら、やりたいことがあり、常にワクワクし、挑戦していました。やらされてるようで自発的でした。何事もこれなくして、なかなかうまくはできないってことですね。

・運命や宿命を信じる

歌舞伎をするためにうまれた。的なことを言っています。そうじゃなければうまれてないし、今後もうまれてはこないとも。

歌舞伎にハマるきっかけが大河。歴史を見ていても思うのはこのタイミングでこうなるの!?ってことが多々。考えたことなんてなかったのですが、運命や宿命や生きている役割があるのではないか?と思わざるをえなくなりました。

・役割を考える

四代目市川猿之助見ていて、なぜか役割ってあるかも?ということが腑に落ちました。役割なんてないと思うより、私にも何かあるはずだと信じることで、生きることに対してやる気がでた気がします。

とはいえ、役割の有無の本当のところは、誰にもわからないので、天国と地獄、前世過去の有無と同じくらいどっちでもいいです。自分の役割を少し考えるようになって「生」への意欲が一層増したことが良かったのです。ぬるくも適当にでも、食べて寝ているだけでも、なんでも良いけど、一生懸命生きていこうという意欲が増したなら十分。正確さなんてなんでもいいのです。

・考える暇ないほど行動する

舞台は早着替えやメイク、目まぐるしい変化があって、舞台が終わっても次から次へと舞台はあり、さらにメディアにも出て、好きな読書をして、合間に遊んで・・・余計なこと考えることもないのではないと思います。情熱がないとあんな生活できないはずです。情熱を持って自分の決めたことを一所懸命やっている、それが清々しくて惹かれます。一生懸命な人には心打たれない人っていないのではないでしょうか。

・所作は美しさをきめる(年齢や性別超える)

男性が女性を演じる歌舞伎。男性なのに、うっとりするくらい女性的で、魅力的で美しいのは、動き、所作を徹底的に研究し、魅力的な女性を演出しているからだとわかります(映像でしか観てないですが・・)歳を重ねても美しい人は、皆所作が美しい人ばかりです。美しさは、所作が肝と確信したのは、魅力的な女性を演じる人を観たから

・一番大事なのは情熱

人気歌舞伎役者さんたち、お金がたくさんあるのに時間や労力をかけています。情熱がなければとっくにやめているはず。

・情熱が感動を呼び、人の心を動かす=情熱が感動をつくる

和洋限らず、舞台やショーが好きです。その理由は感動するから。それは、衣装、ヘアメイク、演技、踊り、演出、舞台美術、音楽、全てにおいて細部まで考えられていて、そこにあらゆる人の情熱を感じるから。歌舞伎も同じ。

四代目猿之助(元:市川亀治郎)の哲学

祝! 四代目市川猿之助襲名記念 僕は、亀治郎でした。 の中のカメテツベスト28の一部を引用しています。 省略していたり細部の言葉が異なったりしますので、まんまが読みたい方は本で確認を!

・型を基礎と極める

「守って、破る、離れる」 前衛って新しいことをしたら型破りだと思っている人がいるけど、型がないのにやったらそれはただの型なしだよね。

型を学んだ上で破るから型破りと言える。大人になっても意味不明なルールはいっぱいあって、マナーは守ってルールは無視することもあるけど、これってモノのルールは徹底的に守ってみてもいいかなと思いました。

・真似こそ学び

とことん真似れば個性へと進化

真似るは学ぶってよく言いますしね。いきなり我流は、遠回り

固定観念は捨てるべし

柔軟さ、しなやかさこそ最強である。まず疑って、そこから探究心が生まれて、調べることによって学問は生まれる。だからなんでも好奇心をもって、固定観念は捨てたほうがいい

固定概念にとらわれて、面白いことを逃すのなんてもったいない!

・間(魔)が全て

何か良い日など、これをバロメーターに。物事を進めようって時にうまく進むのは天からの「それやりなさい」ってサイン。逆は「やめとけ」ってサイン。無理にやるとつまずく。無理した時ってうまくいかない。自然にやった時こそうまくいく。

うまくいく時は前へ、うまくいかない時は無理に進まない、私もそうありたいです。ぶつかっても、転んでも、うまくいかなくてもドンドン前へいくという前のめりは、時にエネルギーの無駄使い。うまくいく時にやったらそこは一瞬で超えていけるのだから、好機を待つのも大事

・直観力を信じる

直観力を磨くには常日頃冷静でいること。頭のてっぺんから直感がある日突然ポーンと落ちてくる。

見知らぬ土地を一人旅する時も、一番大事なのもこれだと思っていました。勘が鈍くなると、危険に遭遇する確率が上がると。

・流行りに乗らない

本当にいいものが何かを見極めることも大事。

変わるもの、変わらないもの、変えてもいいもの、変わってはいけないもの、それを見極める力を養う

・天邪鬼であれ

確固たる自分を持って、みんなが左と思っても、自分は右に行くと決めたら絶対に右に行くこと。それが独立自尊

・とりあえず言う、とりあえずやる

やりたいことは口に出して言う。それも現在完了形で言う祝詞は全て完了形。お祓いもそう。「願いが叶いました。有難うございました」って先に行ってしまうんです。そうすると言霊の法則が発生して物事が叶う。現実がそれに向かって動いていきます。全部肯定的な言葉で言うこと。ぜひ一度試してください。人生が絶対良くなりますから

言霊の法則。心がけよう。

・わくわくすることをしよう

「わくわくする」っていうのはセンサーなんです。正しいか正しくないかの。それから両親がちょっとでもとがめた場合は絶対にやらない方がいいと思います。迷ったら「良心」そして「自分がわくわくするかどうか」これを判断基準にしていたら絶対に間違わない!

「情熱」「正義」これをベースにしていれば間違わない!御意に!

・好きなことしかしない

好きなものが何かを問い、即行動に移すべし! 本当にこれをやるんだって突き通すこと。その代わり自分が食えなくなってもいいという覚悟を持つこと。好きなことをやっていると責任も取れる。情熱も生まれるし。嫌々やっていいものなんてできるわけない。

・集中力

才能はほとんどこれで決まります、集中力さえあれば何でもできます。

鍛えたいのでできる限り、思いつく限りやります。学び、瞑想する、、とか?

・Always脱力

力を出すには力を抜くこと。回数を重ねるうちに無駄な力が抜けてくるんです。

力みを経て脱力できるような気もする。だから一時的な踏ん張りは必要な気もする。

・出る杭になれ

突出すればむしろ天然記念物として価値が出る。人間のルール、社内のルールさえ守っていれば僕は何をやったっていいと思うんです。その範囲で突出すればいいんです。

・情熱を忘れるな

感動(熱を持った波動)のみが人を動かす。情熱のみが人を感動させます。

・金は天下の周りもの

お金や名誉は後から付いてくる。お金は人のために使うこと。お金って持って死ねないから。人の笑顔の方がいいじゃないですか。みんなが喜んでくれればそれが一番いいと思うよ。

・宵越しの金はは持つべからず

仲間と自分に投資すべし

・武士はくわねど高楊枝

見栄をはるべし。驕るのではなく奢れ

いい意味で贅沢を、自分のためになる身になる贅沢を。趣味を持ったらまず一番いいものを体験しちゃう。昔は中途半端な役者絵を集めてた。でも名品を一つ買っちゃうと、もういらなくなりますから。

「身銭」を払って「本物」を見るべし

本物に囲まれていれば自然と本物になる法則。

本物を見ていれば偽物もわかる。

見るだけで笑顔になるようなお気に入りばかりに囲まれて生活していれば、自然と笑顔が増えるのも同じだと思う。

本を読め

本って他人様が経験したことが書かれているから、本を読むことによって自分のものにできる。

時に本(特にノンフィクション)は、誰かの苦労や努力から得た物事を知れて、その苦労や努力をショートカットできる。

車、新幹線、飛行機、良い方に乗る

ビジネスに乗るとみられている意識が働くからちゃんと振舞おうって自分を律するようになる。

みられている意識が、良い行動につながる。そういえば、ムスリムの人たちへ注意する時に「アッラーが見てるよ」って言うと、一番効果があったのでいつも使ってました。論理的に話しても聞く耳持たずでも「アッラー」の一言で変わります。

食こそ命

食事にはいっさいケチらない。懐石料理って食のバランス的に日本人に一番あってるんだとか。 食べることが命だと思います。贅沢っていうのでなく、健康でいなければいけないから。

その通り!昔、食費削って服や化粧品を買い、行きたくもない飲み会によく行ってました。(遠い目)

一に健康、二に健康、三、四もなくて五も健康

自分の身体、己を良く知って責任を持つ

生かさせていただいてるって思いを持たないとだめだよね。

身体に感謝し、メンテしていると割とすぐ答えてくれて嬉しい。身体ってわかりやすいバロメーター。

責任を取る

本当に面白いことって自分が全て責任を取ることだめになったら自分が潰れるっていうスリルがないと面白くない

「覚悟」した分だけ「責任」感は増すと思います。

 

きもの男子

 

カメ流

 

猿の眼: 僕ノ愛スル器タチ

 

四代目 市川猿之助

 

祝! 四代目市川猿之助襲名記念 僕は、亀治郎でした。