CLEAR LIST.com

クリアになって、クリアしていく、クリアリングライフ

引越し回数25回以上引越しマニアの部屋の選び方

引越し回数25回は確実、海外合わせると倍は引越してきた、引越し好き?の私のお部屋の選び方を紹介します。

大きく分けると、場所を決め、予算を決め、物件を決める、という順番です。

引越し方法① 場所を決める

何かの転機に引越しをする人が多いとおもうので、気分転換だけじゃない限り生活拠点=引越し場所となるはずです。 私は気分転換で引っ越したくなるのですが、そういう時の引越し場所でも、仕事や行く頻度の多い場所付近で探します。

その中でも、どのあたりがいいかは、自分が好きな場所、行ってみて印象がいい場所を選んだら間違いないはず。

引越し方法② 予算を決める

1:家賃平均

家賃は、収入の3分の1であれば無理がないと言われているので、初めての引越しの際の目安になると思います。 でも、支出が少ない人はこの限りでもありません。 他の支出が少ない分、家賃に割り当てるお金があるということなので。

自分の支出がだいたい把握できている人は、いくらくらいまでいけそうかも考えておいた方が探しやすいはず。

2:相場を知る

予算がきまったら、合わせて相場を調べます。ネット検索ですぐわかります。

3:レベルを知る

1、2でだいたい決めた家賃の物件を探しに、不動産屋にいきます。 ネットでもいろんなお部屋情報が載っていますが、写真がきれいすぎたり、においや音や雰囲気など実際の印象とは大きく異なることが多いです。

なので、実際雰囲気を感じに不動産屋さんにでむいて、何件か見ておくといいと思います。 そして、この価格層だとこのレベル、というのを把握します。 把握出来たら、もうちょっといいところがいいな・・・と思うことが私は多いので、1、2を考慮したうえで、再予算を考えます(大抵上げています)

引越し方法③:物件を決める

f:id:clearlist:20170926204008j:plain

予算の次に物件を決めて行きます。物件を決める手順は、私は以下の通りです。

1:必須条件を考える=無理!を考える

具体的に、これがないと絶対無理!これがあったら絶対無理!というようなことを考えます。

暗い、1階、入居者の質が悪いとか、これは絶対無理と思うものをあげていきます。 私は騒音が無理なので、壁チェック必須。

2:必要条件=快適だと思うことを知る

必須な次は、必要な条件を決めます。例えば・・・

駅から徒歩10分以内

セパレート

二階以上

オートロック

独立洗面台

広い

駅から徒歩10分圏内

防音

二階以上

室内洗濯機置き場

日当たり

など…いろいろです。

3:余裕があればいれたい条件=好きを知る

最後に、余裕があったら入れたい条件も知っておきます。

白い部屋

デザイナーズ

…など

優先を決める

さらにこの中から優先を決めて行きます。1→3の順番で優先順位は高いですが、その中でも細かく優先順位を決めます。 1は必須、3はどちらでもなので、2の中で優先順位をつけていきます。

私は、1:日当たり、2:風通し、3:防音 4:二階以上、5:角部屋。 それ以外は目をつぶれます。

 

これだけやっても一人暮らしでもだいたい1年で引っ越します。不動産屋さんの前の物件情報はつい見てしまいます。 引越しが趣味なのか、一つのところに留まれない性分なんでしょう。 京都定住したいと言って一人暮らしは始めましたが、どうなるか私もわかりません。