CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

ミニマリストと華やかさ〜引き算して美を引き出す!華を引き立たさせる!〜

ミニマリストでも、美と華は持っていたい」そんなときに出会ったのがお花の世界。想像以上に日常の中に潤いが増えました。

ミニマリストのイメージ

ミニマリストと聞いてイメージするのは、簡素で味気なくて、何もない、精神と時の部屋ドラゴンボール)的な感じ。世間のイメージもこんな感じだろうと思っています。 私の場合、移動が多すぎたこともありますが、自分の持っている大事なものを大事にしたいと思って、それ以外のモノを減らし、どんどん減って自然とミニマリストになっていました。

減らすことが目的でもないので、シンプリスト?というのかもしれませんが、モノの総数は少ないのでミニマリストにも分類されるのかな?と思っています。

華やかで、美しく、可愛くありたい

ミニマリストと華やかさは相反するイメージもあります。

でも、女性なら、華やかで、美しく、可愛くありたい気持ちは捨てたくないはず。 共存させたい人も多いのではないでしょうか。

私は共存させたいです。 モノは最少でも華やかさは持っていたいのです。 そんなようなことを思っていた頃、これはシンプルで華もある!というものを見つけました。

華やかさとシンプルの共存

https://www.instagram.com/p/BX7xhaIn-EK/

今日からstep2\(^o^)/ #ikebana #flowers #生け花

今年から”お花”をならっています。そこで思っているのは、お花をいけると言うことは、シンプルさと華が共存するもの。

※「フラワーアレンジメント」と「いけばな」をしていますが、最近は「いけばな」ひいきなので、ここからは「いけばな」について書いていきます。とは言っても、フラワーアレンジメントも根本はほぼ同じだと思いますが。

シンプルの中に華があり、シンプルだからこそ、華がより引き立つんだなと感じます。

【お花のいけ方】

1:引き算の美学で、一番目立たせたいもの以外を手放す

2:次に、一番目立たせたいお花を一番よく見えるように考えていける

3:他のお花や葉っぱもそれに合わせて、最大限よく見えるようにいけていく

主役にしたい素材の美しさを存分に引き出し、存分に楽しめるのがいけばな。 これは、お気に入りを存分に活用するために、他のモノを引いていく。そして、お気に入りを満喫すると言うミニマム(シンプル)な生活と根本が同じだなと思ったのです。

華をより引き出すには「周りをシンプルにする」「無駄を省く」が有効だと、”お花”を通しても思いました。

視覚だけじゃない!いけばなの魅力

https://www.instagram.com/p/BWkGGW9HcCO/

今日のいけばな💐向日葵をみるといつでも元気になる不思議🌻#ikebana#flowers #いけばな #向日葵

いけばなをはじめてから、花にゾッコンですが、その理由は「シンプルで華かだから」だけではありません。

その理由は、他に2つあります。

1つ目は、「瞑想に近い状態になる」こと。 いけている時は、ただ目の前のお花を生かすために考えて集中します。その間、ざわざわしていた気持ち、混乱している脳みそがストップするため、休まるのです。

だから、ざわざわ、もやもや悩み事がある時ほど早くいけたい、と思うのは、正常な反応だろうなと思っています。

2つ目の理由は、「豊かな気持ちを引き出す」こと。そして、その「豊かな気持ちを感じる時間を作れること

お花をみると、可愛い!綺麗!美しい!素敵!など豊かでポジティブな気持ちをたくさん感じられます。 お花がその気持ちを引き出してくれるのです。ポジティブな気持ち、それを考える時間を作れるのです。

豊かな気持ち、ポジティブな時間、リラックスが「お花をいける」と言う行為で得られるのです。

いけばな、奥が深くて、楽しい!

いけばなとミニマリズム

https://www.instagram.com/p/BYPzjH-nmfN/

池坊で男の生け花展がやっていました。「美しい」「かわいい」「きれい」という豊かな気持ちと、どんな時でも目の前のものに集中し、ステキをよりステキに引きだすように考える豊かな時間が持てるいけばなに夢中。とにかくお花をみてワクワクしかしない #池坊 #ikebana #flowers

いけばなとミニマム生活(シンプル生活)の共通点は、根本的なものが一緒でした。

引き算の美学

最大限の魅力を引き出すために引き算する。それは他にも応用できる

華と美を引き出す

素材の良さを最大限生かすために、考えて完成させていく

ネガティブな気持ち、時間、悩みを手放す

花にうっとりしてネガティブな気持ちが入る余地はありません。また、集中することでモヤっとした悩みは消えます。

幸せな気持ちと時間を増やす

美しい、綺麗、素敵・・と、ただただ豊かな気持ちになります。いけるときからいけた後まで、その豊かな気分でいられるので、日常的に豊かな時間が増えます。

積極的に幸せな時間を増やすために

今まで興味がなかったのですが、なんとなく気になって始めたいけばな。「なんとなくやってみたい」という気持ちに素直になっただけで幸せな時間が増えたのです。

「幸せな時間を最大限に増やしたい」そう考えるなら「なんだか気になる」に素直になったらいいと思います。ビビッをキャッチし、それをやってみるのに間違いないと思います。

「好き」にも同じことが言えます。「好き」なのに条件をつけて、言い訳を探してやらないのは本当にもったいないなと思います。目の前に信じられないくらい大きな宝があってあげると言われれているのに、もらわないくらいもったいない。

気になるなと思っていてやってみた「いけばな」。それは、想像以上に生活を豊かにしてくれるものでした。自分の直感は自分の味方だから、良い方向に行くのは当然!

磨かれた直感をナビゲーターにして暮らして、悪いことは絶対にないとも思います。そのくらい信頼できるものです。