CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

スタイリストとパリジェンヌから見るおしゃれのコツ

オシャレの秘密を知るためスタイリストとパリジェンヌのオシャレのコツを探ってみました。

プロのスタイリスト、大草直子さんのおしゃれのコツ

大草直子のStyling Book を見て参考にしました。

着まわしがきく、扱いやすい、ベーシックな洋服(ブランド)

ベーシックでも、強度がある、肌触りがいいなど質にこだわり、お気に入りを着ています。

 ベースはシンプル、小物で変化をつける

シンプルだけど小物で差をつけ、変化を楽しんでいます。

小物と言えば、参考になったのがストールの巻き方。 何種類ものっていましたが、巻き方一つで印象も用途も変えられて便利。 たくさん服を持っていなくてもこういった小物でも十分違った印象をつくれるので、小技有効に使うのがオシャレの秘訣だと思いました。

市場価値とクオリティの高いアイテム選び

スタイリストのお気に入りは大人気商品で、どこの雑誌でもとりあげられるようなもの。それだけいいモノだということ。そういったアイテムを知って自身でも愛用しているようです。 質が高いベーシックを知りたいときに読む価値があると思います。

大草直子のStyling Book を見て参考にしました。

パリのおしゃれのコツ

オシャレといえばパリ、ということでパリジェンヌのオシャレの秘密をパリ流 おしゃれアレンジ! 自分らしく着こなす41の魔法 を見て探ってみました。

服を買うときの基本はフィッティング

肩幅、袖の長さ、着丈、胸の開き具合、全体のシルエットなど、安くても高くても入念にチェック。 そうすることで値段関係なく長く愛用できるようです。

姿勢がいい

洋服やその人の見え方をアップ 姿勢はおしゃれの基本。顔も体も洋服も綺麗でも歩く姿や背筋が伸びてないと残念な感じになるけど、逆にシンプルな格好でも背筋がシュっとしていると様になります。

工夫上手

ボタンのかけ方、マフラーの巻き方、首を長く見せる方法をよく研究しています。 一つの服をとっても、ストール風、トップスとして、羽織りものとして、いろんな場面で、様々な使い方をするそう。

一つ一つを丁寧に扱って最大限に活躍させているのが素敵

抜きが上手

パリジェンヌはいろんな工夫でちょっと崩すポイントをあえて作っています。それが個性的かつオシャレだということです。

魅力を演出

表情や仕草というその人自身が持つものを使って魅力を作っています。過度な装飾やデザインより定番を選び、洋服以外をつかって魅力を最大限に。

ファッションは、自分を気持ちよくして、自然な魅力を引き出すための手段。 パリジェンヌがさりげない時もオシャレ感があるのは、さりげないこだわりがあったのです。

 

他にもパリジェンヌのこだわりがイラストつきで載っています。

スタイリスト、パリジェンヌのおしゃれのコツ

スタイリスト、パリジェンヌのおしゃれのコツは、小物の使い回しと着まわしが上手なこと。多くの洋服を持っていると言う理由でおしゃれなわけでもなさそうです。

何が似合うか、サイズは合っているか、背筋は伸びているか、綺麗に見えるか、抜きはどこに作るかなど、一つ一つの洋服とそれを着る自分をしっかりみて、たくさんの工夫をしているから、着こなしも使い回しも上手になるんだと思います。