CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

「引き寄せ」を知って思考に気をつけた2年半後の結果〜仕事・お金編〜

1年半前、ザ・シークレットを読んでから、意識的に思考を変えていきました。その結果、今とその時期とは何が違うか比べてみました。

その時の意識と、その変化の結果(今)についてです。今回は、仕事・お金に関してのみ書いています。

2年半前の状態

仕事・お金

途上国に暮らし、お給料をもらっていました。額は、今と変わらないか、それより少なめ。副業はしていませんでした。海外にいると生きているので必死だったので、何か私い価値を生み出すとか、人に何か提供して対価をもらうとか考える脳みそは溶けていました。

変えようと決めて、やったこと

1:時間を売るより、自分で稼ぐ覚悟をする

何も考えず、従って、愚痴るのをやめようと思いました。雇われていようがいまいが、自発的に考え、動き、結果を取りに行く働き方にしていきました。

2:お金は投資に使う

なるべく消えていくだけの「浪費」「消費」ではなくて、後からお金を呼ぶ「投資」にお金を使いました。

この使い方は浪費?投資?と考えるだけでも無駄使いは減ると思います。

▼投資

支払った金額以上に価値のある効果や影響が期待できるもの(学ぶためのお金、身体メンテのためのジム代、ストレス対策になるので趣味もここに入ると思っています)

▼浪費

無駄遣い(過度な装飾品、使わないのに衝動買いした洋服、楽しくない飲み会とか)

▼消費

支払った金額と同等の価値や効果が期待できる支払い(光熱費とか)

3:どんな価値を与えられるか考えて動く

雇われていようがいまいが、これを考えます。これは数字がわかりやすいです。

4:月の10分の1の収入は、生き金として使う

寄付です。10分の1は負担になったのでその後、100分の1にしました。ですが、親しい人への贈り物のための生き金の使い方は増えたので、それなりに使ってそう。

5:気持ちよくお金を使う

欲しいと思ったのなら、それが気持ちよく使えるものだったり、気分よくなるものだったら、使うことに罪悪感や後悔はもたない。

その結果、今の状況

f:id:clearlist:20170827190709j:plain

働かせてもらっている身、以前は愚痴や不満が多かったですが、今は減りました。言う前に改善できる術を考え、相談し、心地よく働けるような環境を作ったので快適に働けています。なので、むしろ不満や愚痴はほぼない状態。自分の負担も減り、すごく働きやすくなりました。しかも、途上国の時と異なり、一番好きな場所に住んでいるので毎日が楽しい

お給料は、日本にいる今の方が多め。副業というのかわからないけど、いろんなところからいろんなことを頼まれ、楽しんでやっているのでちょこちょこと本業以外でお金が入ってきます。

楽しいことや好きなことをする時間は、1年半前と比べ物にならないくらい多いです。それが一番大きいなと思います。

働き方は、あの頃より今の状況に満足しているということ。

 

意識するのとしないのでは、言動、行動が変わり、自分の理想生活を実現するスピードは変わると思います。

理想の生活は、毎日毎秒の思考から、自分で作っていけるものだなと思っています。

もちろん行動も必要だと思うので、自分から理想を取りにいく、作っていくつもりで毎日を過ごしていたいです。