CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

シェアハウスの恋愛ってどんなの?シェア生活の恋愛全般のリアル体験記

日本でシェアハウス、ルームシェアなど7箇所くらいしてきました。その中で恋愛(同棲含む)や色恋沙汰についてまとめてみました。

シェア1軒目 二人暮らし同棲生活の現実 東京 2年くらい?

家族以外の人とのシェア生活は私の場合「同棲」。この同棲は何のストレスもなく、お互い家事もお金も半々でとても楽で、一人よりも楽、一人よりも楽しくて幸せな最高な数年間でした。love is overしていますが、とっても良い思い出です。

女性だから家事をたくさんしなきゃいけないとか、男性だからお金をいっぱい払わないとは一切なし。

お互い夜遊びだろうが何でも許したし、信用しあってるから詮索もないし不安もない。だからうまくいったのかな?

世間の常識より自分たちのルールみたいなのを自分たちで作っていたような気がします。ストレスもなく相当快適でした。恋から始まった他人との同居生活1軒目は大成功。

シェア2軒目 知り合い同士男女混合3人シェア生活 東京 半年くらい?

上の同棲に彼の妹の彼が追加されました。笑 私がオーストラリアに行っている間に住んでいたのですが、帰国しても三人で住むことに。

私は快適でした。すごく気を使う人だったので家にいても仕事(起業したて)で忙しく、こもっていたし、あとは外出して自分の事務所で徹夜とかしてきていたのであまり顔は合わさなかったです。

もしかしたら気を使っていたのかな・・申し訳ないです。料理をたくさんした時は食べてくれました。 これも私にとっては良いシェア生活でした。

 

シェア3軒目 20人くらいのシェアハウス 大阪 半年

f:id:clearlist:20170710201759j:plain

20人くらいのシェアハウス生活。初めて赤の他人との共同生活。多国籍。金土日はパーティーで毎日夜ご飯は誰かと食べて・・・という毎日。とても楽しかったです。が、壁がめちゃくちゃ薄かったです。缶を開ける音も余裕で聞こえるくらい。ベニア板一枚くらい?ってくらい薄いのです。

シェアメイトは隣人のフランス人が毎週クラブで女性(日本人)をひっかけて、連れこんで甘い声が聞こえているので困ると嘆いていました。その女性も含めて皆でリビングで飲んだりしましたが・・・苦笑

ワーホリなど半分遊びで日本に来ている若い外国人が住んでいる率は高いですが、そういう人は愛欲に溺れる率も高いので、甘い声遭遇率もそれなりに高いと思います。嫌な場合、女性専用や友人呼ぶの禁止などルールがしっかりしているところ、もしくは家賃の高いところを選ぶと回避できます。

あとここでは、シェアメイト同士がくっつきました。週末みんなで飲んでいるうちに仲良くなり、男性が就職で東京に行くと、女性も仕事をやめて東京で同棲し始めました。男性は東京にも彼女がいて二股してましたが(私に普通に話してきた)・・。そのあとは知りません。

ここは家がストレスで良い思い出はありません。

シェア4軒目 ソーシャルアパートメント暮らし 大阪 半年

上のシェアハウスから50人?もっと多そうなソーシャルアパートメント(部屋にバストイレがあり、そこで完結できるけど、大きなリビングなどが共有)に引っ越し、とても快適でした。あまり共有スペースにはいきませんでしたが、城ができたのでストレスもなくなりプライベートも順調に。部屋は独立しているから異性も誘いやすく、人も多いので抜け出しやすいということで?何組かデートする人がいました。内でも外でも恋愛を楽しみやすい環境だと思います。家賃が高い分、それなりの人が多く恋愛や異性トラブルを聞いたことありません。壁もしっかりしていたので甘い声も聞いたことありません。

シェア5軒目 謎のシェア生活 長野 2ヶ月

長野がよすぎて快適でしたが、隣人が若くてうるさくて多忙だった私はイライラ。周りは恋愛していました。狭いところに閉じ込められるとカップルができるのが早いってわかった時でした。フィリピンでもバングラデシュでもインドでもカップルできる率が高いし早い!人間の心理的に狭い場所に閉じ込められたらそうなるんだろうと思いました。

シェア6軒目 女性だけの異性連れ込み禁止ルームシェア

友人とルームシェアとシェアハウスの真ん中のような生活をしました。異性連れ込みダメだったのでトラブルなし!ただ明るい時間やパーティーで皆の彼氏が来ることがあり、仲良くなって楽しかったです。

そこの住人たちは以前別の友人とルームシェアしていて、彼氏も何もかも連れ込みOKで無法地帯気味になっていたそう。それでルームシェア解消だったみたいです。トラブルは嫌なので、私がルームシェアする時も採用します。

 

以上です。

思いついたら気負わず書く!という気持ちの今は書いています。駄文でした。