CLEAR LIST.com

クリアになって、クリアしていく、クリアリングライフ

ミニマリストの持ち物【バス&ボディケア】マークス&ウエブのハンドメイドソープ

老若男女、全身使えてどこでも買える優秀なナチュラルなせっけん。

パッケージも基本的にシンプルで、使うほどに小さくなって消えていくというゴミが最少なのもポイントが高い。 しかも比較的安いし(液体に比べて)、低刺激。

種類もにおいも豊富で石けん好きなので、色々ジプシーしても飽きません。 はまったときは自分で作っていましたが、敏感肌でも荒れることもないし、洗浄力もよくて肌に優しいのでキッチン、洗濯洗剤としても使っていました。

ニオイでも使い心地でも選べる!種類が豊富な「ボタニカルソープ」

今は作っていませんが、使っているのはマークス&ウエブの ボタニカルハンドメイドソープ。 乾燥肌にお勧めというヘチマ・オレンジを使っています。 保湿効果のあるヘチマ水を使用し、なめらかな泡立ちで洗浄後のつっぱり感をやわらげ、肌をしっとりと洗い上げます。 また、さわやかなオレンジの香りがジメッとした今の季節をフレッシュに変えてくれます。

合わせて持ちたい泡をつくる「バブルソープポーチ」

石けんを泡立てやすくして最後まで使い切れるよう、何重にもなった網目のネット状ポーチも一緒に使っています。 泡をたっぷりつくりやすくし、小さな石けんになっても無駄なく使い切ることができる便利なアイテム。 ひもがついているので蛇口などに吊るすこともできるのもGOOD!

持ち運びには「アルミソープケース」

シェアハウス生活でバスグッズを共有部分においておけず持ち運ぶので、同メーカーのケースも持っています。 これがあれば旅先でももっていけます。

シェアハウス生活をしなくなってもソープディッシュとして使用したり、底に水切り穴をつけていないので小物類の持ち歩きにも使えます。

最小限なのに最大限使えるシンプルソープ

人にやさしいものは環境にも優しい「しゃぼんだま石けん」

ボディーソープは、100円代でかえる無添加せっけんでも十分!シャボン玉石けんは洗うデイリープロダクト全般作っているのでよくお世話になっています。 敏感肌にも安心アイテムばかりです。

手作り石けんで楽しい石鹸生活

手作り石鹸を作る時は、手作りコスメでも有名なお風呂の愉しみ [ 前田京子著]を参考にしていました。 はまっていた8年くらい前、この本を読んで石けんつくりし、 失敗したことはありません。 大量に作れるし、ハーブや精油を入れて自分好みにできるし、なんにでも使える低刺激の石けんがたくさんできるので、石鹸作り楽しいですよ。 タイトル通り、お風呂がたのしくなります。