CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

ミニマリストの全持ち物公開【その他】ムーンカップ&布ナプキン ~絶対に使う必需品~使用感とオススメ

スーツケース1つにおさまるお気に入りのモノだけで、国内外問わず色んな場所で生活している私のミニマリスト生活の中身(全アイテム)を全公開中(進行中)です。
ステキを語れるモノだけを持ちたいという気持ちを常に持ちながら選び、さらに生活の中で精査し、厳選されて残ったアイテムばかり。荷物はスーツケースひとつだけど、全てがいつでもどこでも使う愛用品。そんな大切なモノたちをオススメポイントと共に紹介します。
今回は毎月の女性のお約束「生理」の時に使うものについて。

ムーンカップ&布ナプキン ~絶対に使う必需品~

10年以上、布ナプキン生活をしています。10年以上当たり前に使ってきたものなので、もう不便さは感じていません。旅行中でも持っていきます。時々、市販のナプキンやタンポンを利用するけど基本布ナプキン
最近は、話題の?ムーンカップデビューもしました。

布ナプキン のお気に入りポイント

1:丈夫
→10年以上使っても余裕なものもあります
2:使いやすい
→市販のケミカルナプキンと同じように使えます
3:捨てる物がない
→洗って使い回すので、ナプキンのゴミが出ません
4:旅行中でも同じように過ごせる
→国によってナプキンの質は異なって、中には不快感を感じるものもあるけど、一貫して布ナプキンだとその不快感を感じなくてすみます
5:心地よい
→つけ心地がいいです。なんとなくあたたかい
6:様々な生理のトラブルが減る(と言われています)
→生理痛が減ったりPMSが軽減したり、布ナプの効用は色々あるようです
7:コスパがいい
→10年以上使っても現役なものもあるので、初期は1万ほどかかっていますが、かなりコスパがいいです
8:ムレない
→通気性がいいのでかぶれません
9:柄がかわいい
→最近は、デザインがかわいいものも多いです
10:アレンジ可能
→デザインもそうですが、素材や大きさ、形を選べるので自分に合うナプキン生活が可能

オススメの布ナプキン

1:白うさぎの布ナプキンセット

無漂白・無化学処理の綿100%ネル生地!他のものに比べても、これはあたたかく、ふわふわしていて心地よいです。形もシンプルでアレンジ自由なのも嬉しい。

S/M/Lサイズ持っていると非常に便利です。私も初期にS/M/Lサイズ全て持っていました。長年愛用する方も多く、間違いないものです。

2:wemoonのスナップ布ナプキン

ー一番長く愛用しているお気に入り。10年以上つかっても現役という丈夫さ!防水シートが付いていてもれません。

コットン100パーセントで肌触りも問題なし。色がピンクで経血汚れがあまり目立ちません。一番のオススメは、スナップボタンがあってずれないので普通のナプキンと同じように使えること。さらに、四角く小さくたためるので持ち運びにも便利。

S/M/Lサイズがあるのでどれも揃えておくと○ 私も全部持っています。オーストラリアのブランドで世界中で愛用されていて信用度も高い。

個人的には、このスナップ型とプレーン型(ハンカチ型)を数枚ずつ持っているのがオススメ。これはメイン、多い日はプレーン型で補助する感じです。

3:リネン素材のナプキン

ー一番汚れが落としやすいと思います。そしてリネンなので通気性も良く、つけていてもすごく気持ちがいい。プレーンタイプは白うさぎのナプキンと併用。個人的に夏はこのリネンタイプ多用、冬は白うさぎがいいかなと思います。

布ナプキンについて

カテゴリ:その他
値段:約1,000円〜(ハンドメイドされている方から購入するともっと安い)

布ナプキンのデメリット

布ナプキン、デメリットもあるけど解決もします。

デメリット1-洗って干しておくのが面倒

慣れます。私は、日中は使用済みのものをすこし手洗いして(じゃないと全体が染まってしまったりする)バケツ的なものに入れておいて、お風呂に入る時に一緒に石鹸で洗ってそのまま他のものと一緒に洗濯機にインしています。バケツにセスキ炭酸ソーダや炭酸ソーダなどのアルカリ剤を入れると汚れ落ちがいいので、バケツに一緒に入れておくといいと思います。私は今は使っていないので面倒なら不要です。

デメリット2-出先だと使用済みの布ナプを持って歩かなければならない

これも慣れます。というか、持ち歩かなくて済むようにケミカルナプキンやタンポンを併用しています。完全に布ナプキン生活は、休みだけ、家にいるときだけでもいいと思います。
 
続いて・・ムーンカップ(ディーバカップ)について

ムーンカップのお気に入りポイント

1:デリケートゾーンの外側の不快感皆無
→生理だということを忘れます
2:洗って使える
→ゴミが出ないのがいいです
3:すぐ汚れが落ちる
布ナプキンと違ってゴシゴシしなくても簡単に汚れが落ちます
4:旅行中でも同じように過ごせる
→持っていって使っていれば、その場所の生理用品にあたふたしないのがいい
5:持ち運びが楽
軽くて小さくてかさばらない!最高!
6:旅行に最適
→コンパクトなので、慣れたらこれだけ持っていればいいだけってかなり楽
7:コスパがいい
→何度も使えるのでコスパがいいです。使用してみて5年は持つだろうと思っています。
8:かぶれ知らず
→ナプキンのようにかぶれません
9:タンポンより長持ち
→タンポンのようなメリットはあるけど、タンポンより長時間つけていられる気がする
10:経血量がわかる

→どれだけ血が出ているか知る=自分の体や仕組みを知ることができます

ディーバカップ(ムーンカップ)について

持っているものはこの2セットですが、小さい方しか使っていません。

カテゴリ:その他
値段:約3,000円

今私が感じるディーバカップ(ムーンカップ)のデメリットとその解決法

1:つけにくい

慣れかな〜と思います

2:汚れる

→慣れても少しは汚れそうなので、今は家だけ使用にています。少ない日はお風呂場で取り外してつけて、次にお風呂に入るまでそのまま、という使い方もいいかと。

3:違和感

→タンポンよりも大きいので、少し不快感があります。初めての時お腹が痛くなったのですが、それは慣れると思います。が、今でもまれに気分が悪いような〜めまいがするような〜という日は外します。タンポンでもそうなる人もいるようなので、しばらく家だけ使用がいいと思います。

 

慣れたら楽なので、しばらく使い続けます。