CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

ワードローブを少なくしたい!ミニマリストのワードローブのコツ5選

洋服や小物は断捨離に悩むところですが、ワードローブを少なくしてもファッションを楽しむことはできます。ワードローブを減らしたファッションのコツを紹介します。

f:id:clearlist:20160606180818j:plain

1:系統を揃えた服で着回しをしてオシャレを楽しむ

日本はファッションが多様で色んな系統のコーディネートを楽しめます。 コーデの幅が広く、選択肢が増えて楽しい一方で、どれも中途半端に取り入れて支離滅裂なファッションになっていることも多いように思います。 1つの系統のコーデをするのに全身分一貫したものを買いそろえ、それを何系統か集めるのを考えたらモノが増えたり、管理が大変なのは当たり前。

お金に余裕があっていっぱい服を持っていたい人ではないのなら、たくさん取り入れて楽しむのがいいと思いますが、 ミニマリストや断捨離中の方、そこを目指そうとしている人は、そんなに買うことを、増やすことは望んでいないはず。 自称ミニマリストの一員である私も全20-30着のワードローブですが、ファッションを我慢するつもりもないし、していません。 系統を揃えて着回しを楽しむことでファッションを満喫しています。

2:好きなブランドを持って、そこで買うことで一貫性を持たせる

ダサいと思う共通点に、その日のコーデに統一感がないということがあります。でも、ファッションの系統を揃えることでそれも解消。ファッションの系統を一貫させることは、管理もコーデも楽で、オシャレ感も外さなくてすむのでオススメです。

たくさんのファッションを楽しみたくても、大好きでたまらないものにフォーカスして、それを大事にして他は切り捨てる、というのが断捨離のコツだと思います。

系統は好きなブランドを持って、そこで買うことがで合わせられます。このブランド好きだな、と思うものがあったら、そこをベースに、あとは大きくはみ出ないようにまとめていけば統一感は維持できます。

3:購入時は着回しを考える

自分の持っている服、最低3着と合わせてコーディネートできるかを考えて購入することで、後悔は防げます。 合わせにくいアイテムを買って、それに合わせるための服をまた買い足す・・・というような無駄なことが起きないために着回しを考えながら購入するのは重要。

4:欲しいからといって増やしすぎない

ワードローブが少ないとすぐに痛んでくるので(管理の問題?)もうそろそろ処分だな、買い替えが必要だなって時と、あの服欲しいなって思う時がだいたい同時にきます。 それまで待てばいいと思いますが、それが無理なら、一つ増やしたら一つ減らすという定番ルールをワードローブにも取り入れれば良いだけ。

待てないようなもの、今持っているものを減らしてまで欲しいものではないのなら、突発的な衝動で欲しいだけで、すぐにタンスの肥やしになる可能性を大いに秘めています。

5:小物で遊ぶ

ワードローブが減って、同じ服でもお気に入りだけで心地よくいても、一緒の服だって思われてないかな、とふと思うことがあります。一緒の服だって思われない策として、アクセや小物を取り入れて変化をつけることが挙げられます。

小物はトレンド感も取り入れられるし、色や柄でポイントを作れて小洒落感がでます。 服はベーシックでも小物はトレンド・・それで流行りは十分おさえられるので退屈しません。 この服飽きたって時にも、小物で変化をつけてみるといいですよ。

 

オシャレな人はその支離滅裂さがなく、着せられ感もなく、余裕が見える人。 系統を揃え、着回しがきくようなものを揃えていたら大きく外れることはありません。