CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

安いのに安っぽくない、無駄買いなし、何だかオシャレのワードローブのコツ4選

余裕を持って楽しむのがオシャレ。オシャレのための”モノ”に左右されて生活を窮屈にしてしまいたくはないですね。ということで、オシャレに余裕を持つためのコツを4つ紹介します。

1:安いものを着ていても、安っぽく見せないコツ

アウターやパンツなど体を覆う面積が多い衣類、使用頻度が多い衣類は、それなりに良いものを選ぶ。それ以外は安くてもOK!

体を覆う面積が多い衣類、使用頻度が多い衣類目に触れて、印象を左右するのに大きいので、そこは安っぽくしない。 逆にそこがおしゃれに見えれば、他を安いものにしても、安っぽいコーデにはなりません。

高いものがいいとは限りません。高い分、良いものの確率は高くなるかもしれないし、気分もいいかもしれませんが、高いからといって切るのに躊躇したり(私です)着こなせないくらいなら無理して持つ必要もありません。自分の身の丈にあうくらいの費用で、最大限自分をよく引き出すファッションを楽しむのが一番。

2:まとまったスタイルのコツ

キャサリン妃のコーデをみていて見つけた、まとまったコーディネートのコツです。

Princess Catherine ~キャサリン妃のプリンセス・ファッション~

「ベースカラーを最初に1色決め、洋服、小物、靴に至るまで合計で3色までしか使用しない」

「加える・重ねる」ファッション感覚と異なります。 世界中のファッショニスタは色の差し引きを計算しています

ファッションとは、上級者になるほど引き算である / ココ・シャネル

オシャレになりたい、オシャレに見せたい、オシャレに着こなしたいなら、引くことを意識してもいいかもしれません。

3:買っても着ない服を買わないコツ

買ったものを無駄にしないコツ、買ったのに着ないをなくす方法は「まず、自分を知ること」だと思います。何が好きで、どうなりたくて、何を求めているかを知っていると無駄買いはありません。

コーディネート集がオススメ

f:id:clearlist:20160609181525j:plain

何が着たいのかよくわからない、着たい物が多すぎる、買ったのに合わせるものがなくて死蔵してしまうことが多い場合、まず、自分が素敵だと思うコーディネートや服を集めて、自分だけの好きフォルダ(ワードローブ編)を作るのをおすすめします。

実際やってみると、同じようなアイテムが集まっていたりします。それを見て出番が多くなりそうなモノから選んで買うようにすれば買っても使わない、は防げます。

優先順位は、好きなコーデで出番が多いもの→何となく冒険してみたいだけで、一回しか出番がなさそうなアイテムという順だと間違いは起こりません。

また、このコーデ集を作っていると楽しいので、服欲しい欲求が自然とおさまってくるのです。いいことしかないので、空いた時間にさっとやってみては?もちろんスマホでもできます。

※この画像は私のPCには入っているコーディネート集の一部。追加したり捨てたりしています

4:気合と抜けのメリハリをつけてオシャレに見せる

最近の結婚式は、昔よりカジュアルな服装でいけるようになりました。「バッチリきめてないのに素敵」なのが今時のオシャレ

服装はシンプルなワンピース、アクセサリーもゴージャスではないけどなんだか素敵な人は、ヘアスタイルと靴に気を使っているように思います。

ヘアも、バッチリ盛って花やラメではなく、いつもより少し華やかくらいがちょうどいい。靴も新品な必要はないけど、お手入れされているもので十分。

全部完璧ではなく、あえて抜くおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょう。