CLEAR LIST.com

クリアになって、クリアしていく、クリアリングライフ

ゴールを決めるのが無駄激減のコツ!ゴールを作る1つの方法

エネルギーを消耗してしまうだけの無駄な行動、無駄な買い物・・

減らしたいのになかなか減らない。そんな時に見直したいのが「それをなぜするか」ということ。それを分かっているか、分かっていないかがその後の無駄発生の違いにあらわれます。

「ゴールを決める」と迷わない

f:id:clearlist:20160520091423j:plain

何事もゴールが決まっていると、そこに向かっていけます。迷うのは、どこに行けばいいのかがわからないから。だったら、ゴールを決めていけばいいだけでは? 

「ゴールを決めないで始める」ことは無駄が多くなります。完成図が頭に浮かんでいたほうが、間違いなく達成も早い。 完成図がない場合、そのまま進むより、振り出しに戻ってじっくり考えてから作業にうつった方が早くなったりする。

とはいっても、目標の完成図が浮かばない時、そこで足踏みし続けるのももったいないのも事実。

迷ったら数字だけ決めてとりあえず始める

ゴールや目的が描けず、足踏みしてるだけで止まっててもな~っていう時、私がすることは「とりあえずはじめる」です。

矛盾していますが、ゴールは持ちます。これも矛盾していますがゴールを作るのです。

具体的に言うと、ゴールを数字でつくります

私の場合100を終了させるまではやり続けます。100終わる頃には、いろんなものが見えてきます。

例えばブログは100記事書く、ヨガは100日続ける、英語の勉強は100回ずつ口に出して言う・・など。100を基準にするとスタートできます。

足踏みして前に進めないなら、数字をゴールにしてはじてしまうのがオススメです。

やっているとゴールが見えてくる

とりあえず数字の達成に向けてやり続けていると、途中であれ?違ったということもあります。そうなったら潔く辞めます。

なんだかぼんやりとゴールが描けるかもしれないってなったら、とりあえずのゴールを数字にして続けてみます。

もちろん、描きたいゴールが明確になってくることも多いです。そうなったらそのゴールに向かうだけ。

どうなるにしても、はじめてみたことで進む方が決まることも多いのです。

迷走するならゴールの数字を作る

完成図を描けず、迷走し続け、足踏みするだけで嫌になる・・そんな時「数字でゴールを作る」試してみてはいかがでしょうか。想像力が豊かになり、創造力も強化されると思います。 

もちろんゴールを道筋にして迷いもないので、達成されやすく、その速度も速くなります。