CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

恋愛も引くことでうまくいく!恋愛でやめるといい6つのこと

パートナーが常に途切れない人もそれかなーと思いますが、たとえ恋人がいなくても楽しくやっていける人でも、恋人ができた途端に依存してしまう(これ私)なら、恋愛依存体質かもしれません。

 

そういう人が、恋愛が上手くいかない原因、恋愛が辛くてたまらない原因は、依存と執着

 

ということで、恋愛時にやめることをリストにしました。

 

1)執着しない

恋愛で日常が埋まるのではなく、趣味や友達や家族とも楽しみ、恋人とも楽しむくらいがちょうどいい。パートナーがいてもいなくても楽しい自分で居られるのが、気持ちに余裕が持てて、恋愛もうまくいくと思う。

 

2)瞬間を愛する

別れる確率は出会ったら100パーセント。これは絶対の事実。

結婚しても離婚はあるし、それを免れても死別がある。

それがずっと続くわけれはないと理解していれば、二人の時間を大事にできるかな。

 

3)期待しない

期待に100パーセントこたえることなんてできないし、期待に沿わなかったら落胆してしまうだけ。自分の幸せを相手に託しているような期待は、うまくいくとは思えない。

 

4)求めない

相手をコントロールしようとしても、できないんだからうまくいくわけもない。

苦しくなるだけ。

 

 

5)ドラマや映画のような恋愛が恋愛だと思い込まない

恋愛も日常の一部。大げさに、もっとロマンチックに!情熱的に!と鼻息荒くするからうまくいかないことも多いと思う。

情熱的に、ロマンチックな恋愛ができる人もいると思うけど、さらっと自然にいられるような居心地の良い人もいます。ロマンチックが全てではありません。

 

もっとさらっと楽しく恋愛したい。重く余裕がない物事より、余裕があるところに良い結果は生まれると思う。

 

6)同時進行はダメという考えをやめる

いい感じの人、気になる人、好きな人って一人じゃないことはけっこうある。

同時進行デートがどこか悪い気がしていたけど、割り切ればいいかと。

その中でこの人だって人を決まったら、ロックオンすればいい。

 

 

物欲もそうですが、何もなくてもいいんだなって吹っ切れると、それからの支配がなくなるということで、ずっと生活しやすくなります。

だからと言って、あったら粗末に扱うのではなく、逆に大事にできる。

大事にしたいものが明確で、それをもっともっと大事にできるようになるのです。

余裕があって苦しくもないし、楽に生活できるという、結果的にうまくいくのです。

 

ということで、なんであれ、依存や執着というのを生活の中から撲滅させていこうと思います。

依存や執着って、苦しみを生み、自由を奪います

 

自由になりたいのなら、自分で自分で縛り付けるのをやめたらいいと思います。

 

男が「本当に考えていること」を知る方法