CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

食べ物もシンプルに「自分基準」を採用!菜食主義をやめた理由

なんとなく菜食主義でしたが、好きな時に好きなものを食べるのが、その時の自分に正しい食べ方、と食べる基準を定めたので、お肉を食べるようになりました。

 

なんとなく肉を避けていたのをやめた時の記事です。

一生お肉食べられなくても大丈夫な日々

10年くらい肉はそんなに食べない生活をしています。

完全なベジタリアン時期、普通に食べる時期を経て、

今は肉:野菜=1:9くらいか、肉の割合はもっと少ないくらい。

週に100g食べるか食べないかくらいの肉の量です。

その肉も鳥肉が9割です。

 

全く困ってもなかったし、これが当たり前なのでお肉お肉ー!って欲することなんて皆無。

お肉は全く食べていかなくても、生きていけます。

 

そんな感じで死ぬまで続くんであろうと思っていたんですが、

ある日「菜食主義生活をやめようと思った出来事がありました。

お肉も好きだと気がついた?菜食主義に疑問を持った出来事

去年の夏、途上国暮らしの中にいた頃の話。

疲労と生理前ということもあって起き上がれないくらいひどく感じていた貧血症状が2,3日続いていました。

 

これはまずいと、なんとなくお肉を買いに走り、食べると、すぐにそれが治ったのです。

頭のボーっと感が消え、疲れ目が消え、常に横になりたい気持ちもなくなり、だるさがなくなり、パワーがでてきて、徒歩5分のところに行くのに気合がいるくらいだったのにさっといける・・・。

 

例えるなら手術したての人がいきなりジョギングし始めるくらいの回復!?ってくらいの凄まじい変化を感じました。

一人でものすごく感動しました。

 

肉はにおいも見た目も苦手ですが、唐揚げ、ハンバーグ、餃子は小さい頃から変わらず好き。

肉片は苦手だけど、肉料理も好きやん私・・ってことを認めて美味しく食べようと思いました。

 

が、お肉を食べない理由が強くあったわけでもありません。

菜食主義にも無理してなったわけではありません。

菜食主義のきっかけは、ただの偏食?

菜食になったのは、以下の環境・状況があったから。

自然の流れで野菜中心の生活でした。

 

・元々、祖父が野菜を作ったり、ご近所さんからも大量(箱でもらったり)にもらうので、野菜中心生活

・野菜が好き ・野菜料理の方が肉料理より馴染みがあるし、作りやすい

・ヨガをはじめると、周りにベジタリアンや菜食主義の友人が増えた

・ヨガをがっつりするときにお肉を食べると体が重く感じた

・朝昼晩くらいヨガる時期は、消化が遅い食べ物は口にしたくなかった

・ヨガをがっつりしているときは、お肉を食べない方が調子がいい

・たまに焼肉に行くとすぐ気持ち悪くなるし、パワーがみなぎりすぎて夜眠れなくなったりする

・細かい面倒くささが重なり、徐々にお肉への苦手意識を持っていった

・フィリピンのホテルに滞在中、豚の断末魔の叫びを聞き続け、豚肉拒否(屠殺されていたんだと予想してました)

・途上国では肉片が大きめで見た目もにおいもエグさを増し、買えないし近づきたくもない ・イスラム教の犠牲祭ではヤギや牛が大量に道で屠殺されますが、みてもいないのにその空気感やにおい、骨の砕く音でギブアップし、牛肉拒絶 ・胃もたれが増えた

 

動物愛護、環境保護、とかベジタリアンや菜食主義になった人の理由は色々ありますが、私はただ単に、野菜が好きで、肉のにおいと見た目が苦手、

ヨガ中はない方が良い、と感じていたから(思い込んでいたから?)そうなりました。

 

難しい理由は特にないです。

ただの好き嫌いで、偏食なだけ?

 

菜食主義をやめるって書いたけど、偏食をやめるってだけの話かも。

菜食主義のメリット

・太らない

・ゴミがあまりくさくならない

・体臭が減る(気になったことほとんどないです)

・肉片をみなくてもいい

・食中毒問題が少ない?

・敏感になる

ベジタリアンの気持ちが多少わかる、気がする

・美味しい野菜が美味しく感じる

菜食主義のデメリット

・友人たちのお誘いにのれなくなってしまうことがある(焼肉とかハードな時)

・外食時は肉は食べていたとしても、それでも多少周りに気をつかわせてしまう

・無理に食べると体調不良、消化不良

・食べ物の制限が面倒

・過敏になる

・クマが濃い人が多い

・ガリガリな人も多い

菜食主義をやめようと思った理由

・最近テレビでみたベジタリアン方がすごく老けていて、ガリガリで不健康に見えたこと

・めんどくさい人って思われたくない

・貧血の症状が一気に治った

・すごくタフな時期を思い出すと、制限解除してお肉をたくさん食べていた時期だと気がついた

・ここ10年のPMSの悪化傾向なのが肉不足が疑われた(根拠なし)

ベジタリアン期に消化不良や胃もたれがひどくなった

・誘われたら肉を食べに行ってはいましたがその後体調悪くなったりすることもあったので、心配して楽しみ半減

・パワフルな国で一瞬で疲れるのに、パワフルさを作ってくれると感じていた肉を食べないのが適してないと思えた

・不調の原因は肉不足なのでは?と疑った

・もう少し太りたいと思ったこと(ずっと163キロ 46-48キロくらいですが、50くらいになりたい)

・関係ないかもしれないですが、そういえば、私のヴィーガン師匠でもあった友人はいつも塞ぎがちでした。そして若くして(30代で)亡くなりました

・関係ないかもしれないけど、ベジタリアンヴィーガン・・そういった類のことを真剣にやってる人ほど覇気がなく、表情が乏しかったり、心身的な問題を抱えている人が多かった気がする(逆に体調がよくなったという話もよく聞いてましたが、又聞きで本人談ではなかったような)

・周りの菜食主義の人をみていて、幸せそうに見える人もいたけど、問題ありそうな人も大勢いた(肉食べる人と変わらず、菜食になったからって問題は解決しない)

 

肉食をやめたら調子が良くなる人が多いように思っていましたが、

きっとそれは過剰にとっていた肉を減らしてその人のバランスが保たれるようになったからであり、

普段から肉を食べない私にとってはあてはまらないのかもしれない。

 

私にとってお肉は”過剰”ではなく”不足”なのではと、気がついたのです。

今思い出すと、ベジタリアン時期に悪化したことがたくさんあります

 ベジタリアン時期に悪化し続けていたこと

PMS月経前症候群) の諸症状(特にイライラや情緒不安)

・遅い生理(10年前 35日周期 → 現在 48日周期)

・貧血(元々貧血症ではないですが、過酷な国で肉を拒絶していた去年からひどい貧血に2,3回なっています)

・神経質(音やにおい)

 

一番困っていたのがホルモンバランスというかPMS

生理前限定ですが、暴食がとまらないし、イライラしっぱなしだし、情緒不安もひどく周りに伝染させていました。(ごめんなさい・・) ハーブ、アロマ、ヨガ、整体、ジム生活、マクロビ、ベジタリアン、いろんなことをしました。

良いと言われることをしているのに悪化し続け、病院へいっても異常なし。 年のせいと思ったけどまだ20代だったり、今も30前半。

 

ホルモンバランスもお肉不足解消で正常化してくれる気もしました。

そこにエネルギーを与えれば・・・。 根拠はなくても、あらゆる不調が解消されるかもしれない、という希望が湧きあがりました。

 

肉をたべるとよく言うとパワフルになる、悪く言うと荒っぽくなると言われます。

野菜中心だと繊細になるけど、過敏にもなるとも感じます。

この国では繊細に生きたら神経がすり減るだけ(実際ノイローゼになった)なので、少々荒い方が生きやすいのです。

 

何をするにも日本の倍はエネルギー使うし、人が多すぎで全ての音が大きく、何もかも大振りなこの国で、小さいことを感じて、気にしていたら生活できません。

大げさかもしれませんがわかりやすく言うと、ジャングルで草食動物が生き残れないイメージ。 静かに佇み、声をあげても聞こえずいつの間にか消えていくのです。

消えていくの意味が、自ら去っていなくなるならいいけど、倒れて消えていくなんて嫌。 日本は天敵が少ないから、繊細でいても大丈夫な場所に近い気もします。 (ただバリバリ働いている頃は、たたかわなきゃいけないから肉が必要だと言っていました) 環境によって必要なものは、食べ物は異なるんでしょう。

 

そう思った時、いろんな情報に振り回されていた自分に気がつきました。 他の人のいう正解や不正解をきいて取り入れていましたが、自分の体の状態よりもその情報を重視していたこともあったようです。

 

これに気がついた時、そこで根付いた様々な固定概念が崩された気がしました。

食も自分基準で選択

この ”10年のベジタリアン生活やーめよっ” とひらめいた出来事から、今の自分に必要なものは何か、今の自分の好きなもの、幸せを感じるものは何か、を自分でちゃんとみつけていこうと思ったのでした。

 

ベジタリアンでも肉食でも環境や状況、体の状態によって良いことも悪いこともあります。

 

万人に良いも悪いもなければ、一人の人でも時期によって変わります

メディアの情報に踊らされることも、どちらかを正当化も否定することなく不要で、ただ自分に合う方を選んでくことが大事なんだろうと思います。

正解があるとしたら、その時ちゃんと自分をみつめて、向き合って選んだものなのではないでしょうか。

 

今後またベジタリアンに戻ることがあるかもしれません。

もっと徹底的にやることもあるかもしれません。 かなりの肉食になるかもしれません。 いまはただ、肉を週3以上、500g(自分で勝手に決めた)くらいはとりたいな、そうやってしばらく観察してみようと思っています。

 

ベジタリアンでも肉食でも何でもいいけど、ただ小さくてもパワフルでありたいのです。

 

今後どうなるかはわからないけど、何事も絶対的に正しいことなんてないんだから、ただそうしたいから、そうしてるのが好きだから、必要だと感じるから、幸せだから、健康でいられるから、という自分基準で選択できる人でいたいと思ったのでした。

 

自分を守るのも自分、幸せにするのも自分次第です。