CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

快適環境は人生を変える!シェアハウスのススメ

引越しや移動を含めて数え切れないくらいの場所で生活してきた私が言いたいの「住まいに妥協はダメ絶対」です。心地よいと思える環境の整った場所に住むことが、心身の健康に必要だと思います。

居心地の悪い部屋だとストレスがたまって、結果的に・・・外出が多くなり、その分お金がかかったり、ストレスを発散するために余計な買い物をしたり、食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、健康を害したりします。

住まいに妥協した結果、結局高くつく可能性が潜んでいます。

f:id:clearlist:20160612165102j:plain

居心地の悪いところに住んだ苦い思い出

引越し回数も20回を超え、シェア生活も10回くらいしたなかで、私も居心地の悪い家は数回経験しています。

 

家の居心地が悪く、落ち着かないのでイライラしたり、健康を害したり、

仕事にまで影響が出たり、無駄な出費(結構な額)が増えたり・・・イタイ思い出です。 

安いお部屋を選んだ時は、上の入居者の方が夜中までうるさく(時に窓開けっ放しで甘い声も・・)ストレスフルだったことも数回。

壁の薄いシェアハウスに住んでいた時は、耳栓をし続け、鼓膜炎になりました。

途上国ではあまりの騒音で全くねれなくない日々が1年くらい続き、過去にないくらい体調を壊しました。

自律神経が乱れ、水下痢が半年おさまらず、全く起き上がれないくらいひどい目眩や高熱、その他訳のわからない体調不良がおさまりませんでした。

 

そのせいで病院に通う費用だけならまだしも、日本に帰国し半年療養することで時間も奪われました。

 

また、この時、その家に住んでいられなかったので週末ホテル生活をしていましたが、途上国でも観光客が少ないせいかホテルが割高。

紅茶一杯5円の途上国で、ホテル代1泊7,000円〜20,000円払っていました。

月に5万円以上のホテル代払っていましたが、これ、途上国のそこそこ良い家(その後私が住んだ部屋)の家賃の倍以上です。

 

住む部屋の快適さは、日常を変え、人生を変えるとも言えます。

そのくらい暮らしの環境の影響力は大きいのです。

部屋を選ぶポイント

人それぞれ心地よい!って思うポイントは異なると思いますが、私の住まい探しの絶対押さえたいポイントは以下のとおり。

 

※4が3つありますが、同等だという意味です。

1:日当たりが良い

→太陽の光って元気の源。常夏で太陽がサンサンとしているところで陽気になれるのと一緒。毎日光を浴びていられるだけで、浴びない生活より元気度は違うと思っています。

2:風通りのよさ

→淀みなく、クリアな部屋にするには風通しが良い方が断然いい。部屋の新陳代謝が良くなり、いつでもフレッシュな気分でいられます。

3:徒歩10分以内

→ただ単に私が歩くの嫌いなので 笑 ヒール履いて(もうあまり履かないけど)足が痛い日でも10分なら耐えられるかな

4:2階以上

→上に行くほど、開放感があると感じるので。上すぎると階段が大変かな〜と思うので中階層が良い

4:角部屋

→隣人トラブルというリスクを極力減らす方法の一つとして有効。

 

私はひっそりと暮らしていたのに「カーテンの閉める音がうるさい(その方のお家側のカーテン開け閉めしてないですけど)」と苦情を言われたことも、私が夜中に窓開けっ放しで騒ぐ学生に苦情を言ったこともあります。

4:周囲の環境(騒音NG

→防音がされてればいいですが、電車がよく通る、暴走族が多い、大通り沿いなどはしんどいです。

私が音に過敏なだけかもしれませんが、今は大通り沿いですが気になってないですし、国道沿いに住んだ時も慣れました。

自分の無理な音、大丈夫な音があるようですが、第一印象の直感で決めています。

 

あとは割となんでもいいかな?という感じです。

思い立ったら吉日!今の環境を変えたい人へ、シェアハウス生活のススメ

部屋探しに妥協は禁物と言ってみたものの、そう簡単に引っ越せるのか?問題。

 

初期費用高いし、移動が面倒だし、時間ないし・・・

都会で働く必要があるから、移動したくないし・・

 

色々あるのはわかりますが、賃貸より安く、気軽に住めるのがシェアハウスです。

シェアハウスの利点

ルームシェア、同棲、同棲+友人、シェアハウス、ソーシャルアパートメントなど、各国でいろんな人といろんなシェアをして共同生活をしてきました。

 

だいたい1ヶ月~3年、ざっと数えても、だいたい10回ほど経験していると思います。

 

今は友人経営のシェアハウスに住んでいますが、シェアハウスっていいな~って日々思っています。

ということで、シェアハウスの利点をあげてみました。

 

・毎日誰かしらいて寂しくない!

かなり心強いし楽しいし、安心。今はLINEで今の家に住人とそこに集まる人たちでグループを作っているので、暇だと思った時に誰かしらと遊べる

・食べ物のシェアができる

→作りがいがあるし、美味しい食をおすそ分けしてもらえるし心身の栄養は完璧

・服もシェアできる

→サイズや趣味が合うと可能です

・断捨離しやすい

→不要なものを処分する前に、欲しい人がだいたいいます

・いいもの情報が聞ける

→初めての土地でも、気軽にお得情報や生活情報が聞けるので、新しい土地でのスタートが楽

・すぐパーティーが開ける

→普段の会話で思いつきでパーティーしたいって話してるとのってくる人は多いので、気軽にパーティーできる。

参加したくなくても部屋にこもってればいいだけ。

・人が集まっていろんな出会いがある

→老若男女、国籍問わずいろんな人が集まるので普段出会わない人にも会えて楽しい。さらにパーティーするとその友達も増えるので、出会いはかなり豊富。

・初期費用は安い

→家賃6ヶ月分と言われる普通の賃貸への引越し、シェアハウスは家具揃っていたりして買う必要もなく、デポジット1-2ヶ月分渡すだけ(大抵戻ってくる)ので初期費用が賃貸の半分以下

・引越しすぐ

→割とすぐに引っ越しが可能(空いていれば)家具や物が共同であるため、そういったものをたくさん持ち運ばなくていい分、荷物も大幅に減る

・万が一問題があってもすぐでていける

→入るのも出るのも楽。移動が多い人には最適

・経済的でスペースもすっきり

→公共料金や共有物はシェアなので経済的。シェアするものが多い分、モノを置く場所が少なくて済む

・都会でも割安

→家賃だけ見るとシェアハウスは割高に見えるけど、使い方によっては(移動が多いとか)割安

 

移動や引っ越しが多い方、寂しがりや刺激が欲しい方、検討してみるといいですよ。