CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

願いを叶えるコツ?明らかにして、求めて、努力して、そしてゆるめるだけ

厄年だからか、途上国生活だったからか、メンタルが落ちていたからか、去年は何をやっても悪い方向に行き、今考えてもなんであんなに不運だったの?と思うほど。休むところは一切ないと思えて八方塞がり(冷静になった今でもそう思います)。逃げ場なんてない、リラックスできるところなんてないんだなって諦めていました。

 

そして、結果的に一時的に療養として帰国(その後、また途上国に住み、契約満了になったため帰国)。

体調不良で倒れてから1年半経った今、絶好調です。

 

f:id:clearlist:20160521093536j:plain

帰国後に起きている奇跡

気分がいいので、いいことは記録しておくことにします。

ということで、帰国後1ヶ月で起こったミラクルを書いておきます。

1:住みたかった京都移住の決定

3月半ばに長期(中期?)旅からの帰国後、東京に住むつもりでいました。

それは、会いたい人(異性関係)がいたからだけで、本当にずっと住みたかったのは京都。

 

ですが、その後色々あり、東京住みたい理由がなくなりました。

その直後(というかその出来事の次の日)京都に遊びに行く予定があり、友人たちが住むシェアハウスに滞在していました。

何度も訪れて、そのシェアハウスに空きが出たらいいな、と思っていたところ。

入居者したらなかなか空かないところなので、ただ遊びに行っていました。

 

がその時、「3月に前入居者の方が退去決定となり(転職)、そのあとに入る予定の入居者の方が、私がついたその日にキャンセル」という状況だということを知りました。

 

それを聞いた私は、即決でこの部屋に来ることに決め、念願の京都在住となりました。

 

少し早く帰国していても、ちょっと後でも、旅行先が京都じゃなくても、東京に行く理由がもう少し後でも、多分今住んでいません。

 

パズルがピタッとはまったようなタイミングの良さでした。

2:牧場無料どころか招待券までもらい、温泉で貸切の贅沢時間

地元にいた時に、友人とひるがの高原 牧歌の里へ行きました。

花が咲いていないということで、牧歌の里の好意で招待券6,000円分もらいました。

花がなくても、かわいい動物(アルパカ、馬、牛、ウサギなど)や、北海道気分になれて満足度は高かったんですが。

さらに、近所の温泉牧歌の里温泉「牧華」に行くと人がいなくて貸切でした。

平日だったからかな。

ミントミストのお風呂、バラのお風呂、露天風呂、広々と一人で堪能するという贅沢で最高な時間でした。

 

3:引越し先で必要なものをもらう

今回の引越しも、スーツケース1個分の荷物と掛け布団を発送し、3,000円で終了しました。

シェアハウスの引越しだったけど、一部買う必要ありだなと感じたものは、買うつもりでいました。

が、それら全てもらえる&安く譲ってくれるという事態が起きました。

 

・ベッドフレーム

以前訪れた時にかわいいなと思っていた下の住人のもの。この住人が、新しいベッドに買い換えたいから(今のは捨てるだけだから)もらって欲しいということで、ありがたくもらいました!

 

・マットレス

前住人の子がシーリーのマットレス(定価8万)を持っていて、それを次の引越し先に持っていかないということで10,000円で譲ってもらいました。

2年使用で、丁寧に使っていたので新品同様。

寝心地が良くて、寝つきが悪い(1~3時間かかる)私が、即寝てしまうマットレス。ほんとすごい!

睡眠がろくにできなかった日々と睡眠で健康を回復する日々を経て、睡眠環境は妥協したくないと思っていた最高のタイミングで最高のものを譲ってもらえました

 

・自転車

サイクリングが気持ちいいし、京都は自転車必須とも聞いていたので、買うつもりでいたら、捨てるつもりの自転車(まだ全然乗れる)を前住人の子からもらえました。

 

・机

作業したい時のテーブルとしても、ベッドサイドのテーブルとしても使えます。

折りたたみのものをもらったので邪魔にならない!

 

・観葉植物

モンステラと、謎の植物を里子でもらいました。

お花も隣に置いておきたい。

 

細かいものは購入していますが、大きな買い物しなくて済みました!

 

4:海外に散っていた友人達とナイスなタイミングで京都で再会

1人目はインドのゴアで一緒にヨガしたロンドン住まいの友人。一時帰国(関東)しているのも知らなかったけど、京都に1泊で旅行する前日に日本帰国していることを知り、その日から私も京都にいる!ということで再会。

アメリカに数年住んで、本帰国したダンス仲間。ダンスのWSで京都に来ているということで再会。

 

5:8歳年下君からの人生初のサプライズバースデー

8歳年下の学生(院生)と久々の再会の日、完全にサプライズで誕生日を祝ってもらいました。嬉しすぎて・・・・言葉になりませんでした。

お店でサプライズされるって初めてで驚きすぎて感情表現が薄かったのが悔しい!

頭脳明晰で努力家で、人間力も生命力も高い(予想)な紳士で、若いけど尊敬している子。

 

8歳年下の学生(院生)・・・NHKで特集されるくらいエリートさん達、出会ったのも奇跡ですが、祝われ、おごってもらうって何のミラクル?夢?

 

6:車をGET

実家は限界集落なため、車がないとやっていけない。

以前実家にあった車は大きすぎて(ハイエースとか)ペーパーな私は借りて乗ることもできませんでした。

それが、少し前に軽く事故を起こし(後ろからコツンとぶつけられた程度)たので、軽自動車を購入。

しかも、色々あって無料!!!!

普段は家族は大きい車に乗っているので(仕事で使用のため)その軽自動車はポツン。

私が乗っていいよということで、実家に帰った時に乗り回せる車をゲットしました。

 

これだけの奇跡、帰国後の1ヶ月の間に起こっていることです!!

求めて、ゆるめたころ(忘れたころ)に叶っている願望

ある本を読んでハッとしたことがあります。

 

願いは明らかにして、求めて、手に入らない(というストレス)をためて、ゆるめた時、忘れたくらいの時に叶うという話。

 

私も15年くらい前から、ノートにやりたいことリスト的なものを書いていますが、多分15年前のものはほぼかなっています。

 

今回も、途上国暮らしでストレスでガチガチだった状態から帰国し、全て弛緩している時に起こりました。

また、起こったミラクルは、願ったこと(○さんにまた会えたらなとか、地元にいるときに乗れる車欲しいとか、引越し先で○欲しいとか、気持ちいい温泉入りたいとか)でした。

 

それどことか願った以上の素敵度で願いが実現しています。

夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?

 

運がいいとき、「なに」が起こっているのか?