CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

断捨離終了!の後に、なるべくゴミを増やさないためできる10のこと

無駄を捨てに捨て適量が見つかった今、これ以上ゴミを増やさないためことを考えています。

 

その理由はこちら

・散々捨ててきて、その度に罪悪感を感じてきて、もう捨てたくない

・もう不要だと思って捨てたものが、どこかでたまってゴミの山となっていると思うと気が重い

・ゴミの分別がめんどくさい

・オークションやフリマアプリのやりとりが億劫

 

ということで、

もう、無駄なものは取り入れたくないし、なるべくゴミは作り出したくもないのです。

 

ゴミを増やさないために日常でできる簡単な10のこと

無駄防止&ゴミ防止ためにやっているゴミを増やさない工夫をリストにしました。

全部で10項目。

実際に日常的に行っていますが、全く苦ではないですし、何かを我慢しているってこともないのでオススメです。

 

1)買い物日だけセカンドバッグを持つ

今の日本、袋の中にまた袋・・冗談ですか?ってくらい過剰包装なモノが多い気がします。

基本的に、スーパーのお買い物ではセカンドバック(エコバック)を使いますが、今日はアレを買うって決めた日にだけ持つようにしています。

普段は小さいバッグしか持たず、買い物の時だけセカンドバッグ持っていくというのは、普段の無駄買い防止にもなります

 

2)スタンプカードはもらわない

スタンプはたまらないことが多いです。

スタンプのために、と少しでも思って買ってしまうなんて、スタンプカードにコントロールされていますよ。

スタンプカードというささいなモノに生活を少しでも支配されたくはないです。

 

3)石けん類は、梱包がシンプルな固形せっけんを使う

シンプルな石鹸だと、頭からつま先まで一つで洗えるし、食器洗いや洗濯にも利用可能。

さらに、液体のものだと入れ物がゴミになるけど、石けんだと小さくなって最後はなくなってしまいゴミがでるのは梱包材のみ!

目に見えて分量が分かるのも最高です。

しかも、シンプルな石けんって、経済的にも良いです。 

 

 

4)飲み物は自分で作る

好きなハーブティはペットボトルには売っていないこと、買うと高いこと、添加物など疑問があること、全て解消してくれるのがこの方法。

もちろんペットボトルのゴミが出ません。

持っていくボトルは軽い方がいいので、アルミのLAKENボトルを6年くらい愛用していました。

今は、透明なこのボトル。

旅のお供にも持っていくし、家に置いておくときはハーブティなどを作ってストックする用ボトルとして、活躍中。

 

5)有機野菜を使う

実践できてませんが、皮まで使えるので燃えるゴミが増えなくて良いです。

コンポストを作って肥料にしたりする方はいいですが、燃えるゴミとして生ゴミを出す人にとってはこの選択はアリだと思います。

 

6)管理できない以上のモノは持たない

管理できていたら、重複してモノを買ったり、放置して使わないという無駄がなくなります。

もちろんゴミも最少で済みます。

 

7)頻繁に使うものは大きいサイズのものを買う

確実に使うものだけですが、一人暮らしだとそう多くもないです。

私の場合は、ラベンダーのアロマオイルくらいです。

 

 

8)本は図書館利用

人気なものとか新書は買いますが、それ以外のものは図書館便利!

 

9)代用する

湯たんぽはペットボトル、雑巾入らなくなった布、あらゆる洗剤は重曹とお酢とか・・・

常にこれはあれに使えるなーとか考えたり、アンテナを張っていると見つかります。それが楽しい!

 

10)使い切れるものを買う

買う時にも使い切れるかまで考えて買うと、買い物抑止&無駄買い防止になります。

 

日々改善

いつも「省略できないか?」「代用できないか」「本当に必要か?」「Reuse(再利用)Reduce(ゴミを減らす)Recycle(再生利用)可能か?」を考えて生活していくと無駄が減っていきます。

 

そうして、いつの間にか、必要なものとお気に入りだけあるという快適な空間が出来上がっています