CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

トランク1つで嫁に行く目標をたてたきっかけ

数年前、トランク1つで嫁に行けるくらい身軽になりたいと思いました。
それと同時に、どこでも生活できるくらいの柔軟な人でありたいとも思いました。

そのきっかけは恋の終わり。
付き合って3年半、同棲3年弱の婚約者と別れたから。

嫌いになって別れたわけではありませんでした。
彼の住みたくて住む予定の場所(国)と私の行きたいところが一致しなかったからなだけです。
その場所(国)に住みたいと思えなかったのです。
全く興味のない場所(国)だったのです。

その後、お別れし、私は私がしたかったこと「いろんな場所に行く、住むこと」を納得するまで、飽きるまでしました。

それをしながらも恋愛に関しては辛い日々を過ごし、場所が理由で大好きな人と別れるなんてもう2度としたくない、と反省していました。
あんなに好きだった人なのに、場所という理由だけで別れるなんてもったいなかったと思いました。
住みながら旅行すればいい話だったし。
(その前にも半年の遠距離は何ともなく続いたし)

その反省が「どこでもいつでもどんな恋愛でも気持ちに素直に飛び込めるように、身軽な人でいたい。そして、どんな場所でも生活できるくらいの柔軟な人でいたい」という気持ちを強くし、今のこの状態を作りました。

恋愛なんてどこでいつ起こるかわからないのです。
アフリカの僻地で激しい恋に落ちるかもしれません。
またそこで、僻地だからとか、遠いからとか、私はあれがないと生きていけないからなんて理由でせっかく芽生えた気持ちを捨ててしまうのはもったいないと思っています。

恋愛が生活の中で特別なものにしかできない私なので、ナチュラルに生活に溶け込ませられる人からみたら大袈裟な・・という感じなのでしょう。
他の恋をしてくださいというのも分かります(その後新しいパートナーはいたこともあります)
が、私はこの未練タラタラな恋が原動力で、昔よりも身軽で気軽な人になれたのも事実。
未練がましいことは、悪いことでもないのかもと正当化しておきます。

別れた理由はもう解決したなと思った数年後、つまり、その人のいる場所でも住めるし、今すぐにでも飛んでいけるくらいになっていた時、再会、もしくは復縁をほんの少しだけ期待しつつ連絡してみました。

婚約していました・・・。
タイミングが悪い=縁がなかったのかもしれません。

思いの外強いショックを受けましたが、身軽に柔軟にかえてくれるきっかけを作ってくれたことに感謝しつつ、これが今後の恋愛にいい影響を与えるんだと信じていこうと思いました。