CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

無期限世界一周中カップルと再会して気がついた、旅に必要なこと

4日前、私の滞在していたインドのマイソールで、無期限世界一周中の友人カップルと再会しました。
つい5ヶ月前までは私はバングラデシュにいて、彼女はスリランカ、その彼は南米にいたんですが、インドで再会したのです。

同じ南インドにいるということで、会う前々日に連絡がありました。
そして、前日に近いから行くねって、夜行バス12時間かけて来てくれました。
(え・・・近いの?笑)
そして、夜9時頃までフルで観光。

久々の再会の喜びと、人との交流(しかも日本語)の嬉しさで興奮マックス。
楽しくて、インドがキラキラして見えました。
旅の楽しさ、高揚感ってこんな感じだった、というのを思い出しました。

そんな2人と会って思った、旅に大事なこと5選を紹介します。
旅に大事なことというのに「荷物より身軽さ」を入れたいところですが、今回はそれを省きます。
何故なら、2人は身軽な(荷物少ない)わけではなかったから。

旅に大事なこと

1)体力
→2人は今年に入ってカップル旅をはじめたようですが、その2ヶ月の間に7ヶ国、2桁以上の都市を回っていました。毎日毎日動き回って止まった記憶ないよね、ということ。
また、徒歩20分くらいなら重いバックパック(70リットル)を背負ってても平気だそうです。
8キロのバックパックでも、5分も歩きたくない、何も持ってなくても15分以上かかるなら乗り物に乗る私との対比・・笑

そして、今後はバイクで(バックパック背負ったまま)インド縦断計画してました。

体力を考慮しながら旅してる私にとっては、疲れを気にせず気の向くままに色々行けるのはとても羨ましく、たくましくなろうと思ったのでした。
(それでも長距離バスは今後も多分乗らない)

2)柔軟性
→この2人、私がハンピ(南インドにくる旅人に有名かつ人気な岩がゴロゴロあるのが見所の観光地)行こうかなーって呟くと、「じゃあ、明日から行こうよー一緒に」ってノープランの2人からの提案。
ハンピはマイソールから近かったですが、電車チケットも取ってません。
日本で言ったら、ランチ食べてて山登りたいって言ったら、じゃあ高尾山今から登ろうってくらいの柔軟さだな、と思いました。
軽くて柔軟な旅人は沢山いますが、そういうのに乗れない自分がちょっと悔しい。

(2人は今ハンピにいます。わたしはいってませんが。)

3)人との関わり
今回の旅に出て3ヶ月経ちました。
日本人やアジア人の少ない場所にいたり、私自身心が閉じていて、孤独を感じることの多かった今回の旅。
いつものように、もう、歩いているだけで最高、満たされる状態ではありませんでした。
旅が日常化し、南アジアで生活していたので同じような光景が飽きてしまったのか、失恋の影響か、英語に撃沈した影響か・・色々考えられますが、どれにしても私の心の持ちようが原因。

そんな中、マイソール滞在2ヶ月の間に、駐在仲間や旅友が2度(2組)会いにきてくれました。
2回とも、すごく満たされ、満足し、充実した日を過ごしました。

毎日働いている人にとっては非日常だと思われるインド旅行(滞在)をしていても、刺激や興奮や喜びがいつもより少なめ、満たされませんでした。

でも、そんな日の私を満たしたのは、日本の日常で当たり前にあったこと。
人と話すことの方が刺激的で興奮や喜びを感じたのです。

今回の旅の孤独から、人との繋がりのありがたみをひしひし感じました。
旅の1番の醍醐味は、人との出会いだと、改めて思いました。

まさに「出会いこそ人生の宝探しだね」by:trf


旅でも人との関わりがあるからこそ、より楽しく、より喜びは増え、有意義に過ごせるんだと痛感しました。

万人にとって必要でもないと思いますが、今の私があったらいいなと思えること

4)オープンマインド
どこにいっても、オープンな人は人も寄ってくるし、楽しくさせます。
ウキウキしてて、自然と笑みがこぼれてくるくらいの時は、勝手に良い人を引き寄せます。

5)目的、目標
何もしない時間は時に必要ですが、ある時から(必要なくなってくると?)ただ退屈になってきます。
暇になれると、それが日常になってくるからでしょうか。
そうなってくると、悶々モヤモヤ、考え過ぎてしまったり、焦るので、目的は考えています。

また、長かったり、何度も行っている旅も日常になり、刺激も新鮮さも失います。
なのでやっぱり、日常を楽しめる人って最強だなと思います。(そうなりたい!)



これ、書いていて思いましたが、旅に必要というより、日常にも必要&あったらいいなと同じですね。