CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

アシュタンガヨガ2ヶ月の初心者の変化

アシュタンガヨガを12月半ばからはじめて早2ヶ月。
ほぼ毎日続けています(生理中2、3日と満月の日、週1のお休み以外、毎朝1時間〜1時間半)
ヨガ歴は10年以上ですがアシュタンガヨガはビギナー。
アシュタンガヨガもかじってはいましたが、毎日はやっていないし、そこからもう5年以上は経っているので、ビギナーです。

そんなアシュタンギのヒヨコ組の変化の記録です。

〜半月【12月中頃〜12月末(ゴア) 】

ヨガしてるときの状態:バテバテ、筋肉痛、体力、集中力、筋肉なし。シークエンス(ポーズの流れ)
は覚えてないので、人のをみて続ける状態

普段の体調:毎日始めて1週間後から水下痢。微熱。1週間後に復活。
寝つきがめちゃくちゃ良くなり9時就寝して9時間くらい寝ているのに昼寝もしていたので、毎日睡眠時間10時間以上。お腹壊して体力消耗してたからかな。(一緒にヨガしていた人たちの3分の1は何かしらの体調不良を訴えてた気がする)

目標:習慣になっていなかったので、まずはただ毎日やることだけ

結果:ノープライベート空間で完全英語で玄人が多い中、アシュタンガヨガビギナーただ必死なだけでしたが、やり抜けた

〜1ヶ月【1月初〜1月中 (マイソール)】

ヨガしてるときの状態:頭痛、眩暈、起き上がり時の立ちくらみ、焦り、喉の渇きなどがある。基本的に全体的に不安定。
シークエンス(ポーズの流れ)もちゃんと覚えきれていないので、呼吸や身体に意識する余裕なし。
昔余裕でやっていたようなこともできなくなったのは、筋力や持久力、集中力が全然ないからだと思う。
終わった後は足腰が重くて、歩くのが相当遅いし辛い。

普段の体調:年始に落ち込むことがあったため精神は完全封鎖。体調不良は細かいのがちょこちょこ(微熱、下痢、頭痛、倦怠感、不安感)

目標:シークエンス(順序)を覚える

結果:シークエンスは間違えないけど、そればかりに気を取られて深くポーズがとれない。
状態はいまいちだけど、ただただやり続けた。
前に進んでいるようで、後ろに下がってしまう日も多々あるけど、それでも前進している=体力はついてきていると感じる

〜1ヶ月半【1月中〜1月末】

ヨガしてるときの状態:ハーフプライマリー(全ポーズの半分)をばてずにできる日がでてきた。
腕の筋肉不足でチャトランガ(腕立てのようなポーズ)の半分以上を脚をつけていたのが、体調の良い日はほとんどつかないようになってきた。
筋力と体力がついたのか、普段歩くダルさがほぼなくなった。
生理4日目から練習を再開したとき、身体が重すぎた。それでもぬるくやっていたら、汗の量がいつもの3倍くらいになった

普段の体調:生理が満月と同時に来た。周期が40ー50日以上だったのが何年かぶりに30日くらいできた。奇跡!!(半月前に飲み始めたアーユルヴェーダのサプリの効果な気もする)
体調が安定してきたと思っていたけど生理途中から崩れて、強い全身疲労感が1週間。ヨガはゆるくやり、それ以外の時間はずっとダラダラする日々を経て、生理が完全に終わると同時に復活。観光してゆっくり過ごさなかったからかも。
12月初めの強い疲労の時は寝てるだけだったのに、この時はヨガも普通の生活もできたので、体力がついたと感じた。そして、こういう体調がイマイチだと感じる日数も減った、気もする。もしくは、体調不良になってもちゃんと休むようになったせいか、しんどさが割とマシになった、気もする。

目標:レベル最低限のところ(ハーフプライマリー)はばてずに、筋肉がプルプルしてたところも楽にできるよう筋力をつける

結果:普通の日はほとんどばてないようになってきた。
腕とお腹の筋力がマシになってきたらしく、ビンヤサ(流れ)がスムーズになってきた。
呼吸や身体、視点、バンダを意識できるようになった。

〜2ヶ月【2月初〜2月中】

ヨガをしているときの状態:日に日に体力、気力、筋力がついてきたのがわかる。ビンヤサ(流れ)がスムーズで、チャトランガ(腕立てみたいなポジション)も全て脚をつけずにできるようになった。(ハーフプライマリーだったら)そして、あまりばてない。他ごと考えるくらいの(ダメ笑)余裕が出てきた気がする。身体は12月の私からしたらかなりの進化

普段の体調:デフォルトだと思っていたような些細な体調不良の頻度と日数がアシュタンガヨガをはじめる前より減っている。気持ちもオープンになってきた。日常的に幸せを感じる時間が増えた。
でも、まだヨガ後にダルオモな倦怠感になるというのも度々。だいたいそういう日は寝不足(早起きした為)だったり、やる前から微熱っぽさを感じて、やってる最中も普段より汗をかくし、重い。
お腹のゆるさもマシになってきてるのだけど、それでも不安定。
体質とか体調を変えるって2歩進んで1、5歩下がるくらい牛歩だなって思う。でも大丈夫だろうと思ってるのでそんなに焦りはない

目標:ポーズ一つ一つの注意点(視点、全身の使い方、呼吸など全て)を意識して丁寧におこなう

結果:新しいポーズ(フルプライマリー突入)のお許しがでた(アシュタンガヨガはポーズが完璧だと認められない限り次のポーズ禁止。認められると次々ポーズ数が増える。さらにいくとポーズの難易度が上がるみたい)
知らない間に身体が引き締まってきて、気にしてなかった見た目が変わってきてた。レギンスがブカブカ(伸びただけかな)

こんな感じです。

私は今回の旅のテーマは自分を癒す旅、体力を戻す旅。
正直、いつものヨガ旅のように、毎日快調、毎日毎分毎秒天国ってなってはいないです。
昨年体調を崩したからだと思うけど、こんなに体調が変化する経験はヨガ人生の中で初めてです。
朝しかやってないのに、丸一日×何ヶ月もヨガに集中したティーチャーズトレーニング並に必死です。
体調がイマイチな日はダークサイドにすぐ落ちます。
(宅ヨガすると大丈夫なことに気がつきました。早朝が寝不足になるのでダメなだけかも)
いつもは知らないうちにヨガを通じて色んな人と仲良くなることが多いのに、今回は人との関わりを避けています。
寂しいけど群れたくない、誰かと話したいけど英語もう嫌・・というワガママなため。
そして、ヨガにかなり熱を持った人が多いと勝手に思い込んでるから。(温度差があるかなと)
いつものヨガ三昧な日々のように、新しいポーズできるようになりたいっ!ってポーズに挑戦的にはなりません。
なので、この2ヶ月で新しくできるようになったポーズはありません。前からできることをやっているだけです。
読めない体調に慎重になりながら、たまに起こる体調不良はただの好転反応で、体力も体調も前のように戻ると信じて日々コツコツとやっているだけです。

カラダがじわじわと崩れていくように、細胞が生まれ変わるのも時間がかかるので、焦らず、そして、2年くらい前の状態にはまだ遠いけど、なるべく楽しんでやるようにしています。

辛いと続かなくなりそうなのがこわいので、継続だけを死守して、あとはゆるくやるようにしています。

2ヶ月で体力もついてきたところなので、ここでアーユルヴェーダのパンチャカルマ(入院して身体の浄化)するか、ヨガを続けようか迷っていたら、行こうとしていたアーユルヴェーダの病院、1年待ちでした。
アーユルヴェーダで世界一?有名だとも言えそうなケララ州の中でも有名な病院なようなので、いつか行けたらなと思います。

ここ→404 Error | Arya Vaidya Sala Kottakkal

カラダの苦しい部分があったら、苦しい感覚や感情にフォーカスするより、そうやって機能して治そうと頑張ってくれている細胞や器官やカラダのパートに目を向けて、感謝していけますように。