CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

インドが好きな理由100のリスト

インドは4度訪れています。

2006年頃 2週間
食中毒で死ぬかと思った日々。食中毒ではなく、ガンジス川に入ったからな気もします。
病気になりたいならガンジス川にダイブして水を飲んでください。一発アウトです。


2011〜2012年 1ヶ月 ハタヨガ三昧で満喫
ヨガといえばの町、リシケシにいました。
行くつもりなかったんですが、タイでヨガ三昧していたら来たくなったのです。

2013年 1ヶ月 アイアンガーヨガとシバナンダヨガ三昧で充実&ホーリー
色の粉を投げ合うホーリーに参加。インド人男性10人くらいに囲まれたけど、一緒にいた中国の子が本気でキレて岩を投げつけてくれたため逃げることができました。

2015〜2016年 4ヶ月半 今です。初の南インド
インドっぽくないインドとアシュタンガヨガを満喫中

f:id:clearlist:20160327105120j:plain
そんな私がインドを好きな理由を100考えてみました。
インドじゃなくても、っていうのも混じっています。


1)チャイが美味しい
→7円〜30円くらい

2)物価が安い
→カレーの定食が50円〜150円くらい

3)食べ物が美味しい
→お菓子からインド料理まで割と当たりが多い

4)日本食から西洋風からファーストフードからカレーまで食べ物が何でもある
→観光客が多いおかげかなんでもみつかる

5)観光地がいっぱい
→海、山、川、遺跡、お寺、教会、宮殿、公園見所いっぱい

6)リゾート地(海)がある
→開放的なビーチがあるのはポイント高い

7)可愛い布が多い
エスニックな布がたくさん

8)民族衣装がかわいい
→サリーから普段の民族衣装まで、日本じゃきれない衣装がいっぱい

9)アーユルヴェーダグッズが豊富
→値段を差し置いても、日本だと種類が少ない

10)アーユルヴェーダグッズが安い
→日本で買ったら10倍くらいの値段

11)アーユルヴェーダマッサージがどこでも安く受けられる
→路上店からスパやホテルまで先進国でうけるマッサージより安い

12)良いヨガティーチャーが沢山いる
→さすが本場

13)世界のヨガ好きと出会える
→世界のヨガ事情を知れる

14)日本でなかなか合わないような面白くて変わった人と沢山出会える
→ドラッグで沈没している人から超高学歴の人から世界を渡り歩く演奏家とかなかなか出会えない経歴の人がゴロゴロ

15)ヒンドゥー教のかみさまの話が面白い
→シヴァが自分の子と知らずガネーシャの首を切って投げとばし、それを拾いに行ったけどなくて、最初に出会った象の顔を切ってくっつけたとか

16)ヨガが安くできる
→ドネーション(寄付)で無料のところも。すっごく高くても日本と同等、でもインストラクターは超一流

17)アジアなので近い
→こようと思えばいつでも来れる距離=アジア

18)暖かい(暑い)環境
→暑いって体動きやすい

19)イケメン(濃いタイプ)が多い
→濃い顔が好きならイケパラ

20)美女が多い
→まつ毛長くて、鼻高くて、歯が白い美人も多い

21)退屈しにくい
→いつでもウケる要素がある

22)ボリウッドダンスが面白い
→独特かつ完成度の高いボリウッドダンス見れるだけじゃなく、習えちゃうはず

23)ボリウッドムービーが面白い
→いつでもどこでもボリウッドダンスムービー&ダンスがみれる

24)ディーピカパドコーンが美女すぎる
→美人すぎるインド女優。大好き

25)インド音楽が素敵(トラディショナルから最新まで)
シタールもポップスも好み

26)インド音楽のPVも面白い
→インドのpvはなかなかクオリティが高いので見る価値あり

27)カレーの種類が豊富かつ美味しい
→汁っぽいのから炒めた系のものまで。味も豊富だと思う

28)英語が通じる
→観光客も多いので通じやすい

29)お金で安全と快適が買える
→お金出してもそれがない国あるから

30)宮殿や道端のお店をみているとドラクエ感を感じる
→露天や豪華なマハラジャの家とかドラクエ感満載

31)ココナッツオイルが安い
→万能ココナッツオイルが100円未満(100ml)

32)アロマオイルが安い
→300円くらいで買えるから使いたい放題

33)欲しいものは割と何でも手に入る
→物に困ることない

34)布が安い
→近隣のインドよりも物価の安い途上国で買うよりも安い

35)テーラーが安い
→服をオーダーメイドしても1000円くらいで作れる

36)お菓子が美味しい
→スパイスのスナック菓子、どれも美味しい

37)スパイスがきいていても辛すぎない
バングラデシュよりも辛くない気がする

38)ヘナがやすい
→2袋(4回分くらい)が150円とか

39)テーラーのクオリティが高い
バングラデシュに比べて作れるレパートリーが多い気がする

40)山も川も岩もある
→自然もいろいろ楽しめる

41)ヒンドゥー寺院がテーマパークみたいなで興奮する
→色が派手なことも多いのでテーマパーク気分

42)列車もバスも飛行機もリキシャもオートリキシャもある
→乗り物の選択肢いっぱい

43)オートリキシャが楽しい
→開放的に乗れる三輪車。バングラデシュの三輪車は鉄格子に閉じ込められる

44)寺院も神様も動物も服も何もかも色が豊富
→色が豊富で飽きない

45)自分にもゆるいから他人を許す人が多くて(多分)それがゆるくていい
→日本はなんでも完璧にしようとするから疲れちゃうし、疲れさせちゃうんだと思う

46)エネルギーが溢れている
→ゆるいけど熱気ムンムン。生命力感じる

47)牛が目の前で殺されない
→お隣バングラデシュではイード(犠牲祭)は血祭りで精神的にクルので牛肉が食べられなくなる

48)パックが安い
サンダルウッドのパック1ケース300円とか

49)お香が安い
→種類豊富な上にやすい

50)子どもが可愛い
→どこの子もかわいいけど、南アジアの子もかわいい

51)モモ(ネパール餃子)が食べられるお店が多いし美味しい
→何はなくてもモモが好き

52)ベジ料理が当たり前にある
→食中毒リスクも激減

53)スタバがある
→美味しいコーヒー飲める

54)マックがある
→困った時の逃げ場所。世界のファーストフード平均クオリティの安心感

55)レヘンガがかわいい(サリーとドレスが混じったような衣装)
→豊富だし、2000円くらいからある

56)アクセサリが安いし可愛い
エスニックなアクセサリーはたっぷり

57)世界一大好きな歯磨き粉が安い
→ツルスベ感世界一だと思う(VICCO)

58)観光客が多い
→濃い顔の箸休め

59)日本人もそこそこいる
→日本語恋しくなっても安心

60)豪華な宮殿や建物のデザインがキレイで可愛くて美しい(パレスやタージマハール)
→インテリアの参考にも◉

61)ココナッツジュースが安い
→その場でカットしてフレッシュなもので30円くらい

62)屋台ご飯が美味しい
→最近はパニプリにぞっこん

63)果物が美味しい
→暑い国はフルーツが甘くて美味しい

64)フレッシュジュースが美味しい
→暑いので全身に染み渡るフルーツの栄養

65)ハーブティーの種類が豊富
→グリーンティーもアーユルヴェーティックなのもある

66)トゥルシーティーが安い
→別名ホーリーバジルの種類も豊富。これ飲んでた一年、一度も風邪引かなかった

67)世界中のヨガ好きと出会える
→ヨガ馬鹿が集結してるので、思う存分ヨガ論議可

68)たくさんの良ヨガ本が見つかる
英語版だけど良本が買える。日本だと高いしなかなか見つけられない

69)英語を使う機会が多い
→英語力が多分少しは伸びる

70)時間がたっぷりある
→自分の好きなことたっぷりできる

71)英語の学習が進む
→使い道がすぐあるので進む

72)ブログにかきたいことも増える
→ネタの宝庫だから書きたいことだらけ

73)発見がある
→ひらめきがあったり、ちょっとした出会いで固定概念が崩れやすかったりする

74)常識を壊してくれる
→今までの常識と違う常識があるから

75)図々しくなれる(時に邪魔な控えめさを取り払ってくれる)
→じゃないと埋もれてしまうから

76)自分で選択して自分で進んだり、自己解決したり、自分基準が育つ
→旅だから。その延長戦で日常も楽しんでいけたらいい

77)パーラー(エステ)が安い
→眉毛カットは150円くらい。糸でむしる感じで面白い。バングラデシュは無料だった

78)平和ボケが改善する
→自分の身は自分で守る意識を持ち続けるので。危険回避を考えずに旅している人は危険

79)健康の大事さを知る
→健康だから楽しめる幅も広がる。病気になるとただ帰りたくなる

80)自分の頭で考えるようになって、自分で自分の責任が持てるようになる
→スケジュールも地図も何もかも自分で作っていく必要がある。誰のせいにもできないし
全部自己責任になる

81)世界中の人と出会える
→世界中の人がインドに興味津々。インド好きもたくさんいる

82)不思議な出会い、素敵な出会いができる
→きっとミラクル起きる(根拠=経験したから だけ笑)

83)体力がつく
→暑い中、歩く、歩く、歩く・・日本より日常的によく動くようになって自然と体力つく

84)日本が好きになる
→外から見たら日本最高ってなりやすい

85)日本の良さに気がつく
→日本の当たり前がないので、そこで日本の良さに気がつく

86)家族がいる安心感に気がつく
→帰る場所があるって財産。家族に大感謝。私が好き勝手行けるのは帰る場所があるから。待っててくれる人がいるから

87)恋愛を困難にさせるスペックをみることを無くしてくれる
→スペックをみて恋愛の判断するっていうのがなくなる。感情のままいける

88)固定概念より気持ちを大事にできる
→常識がよくわからなくなって取り払われるので、気持ちやカンに素直になれる

89)自分が好きなところで好きなことしているから周りにもそう思える
→そういう人しかいない空間=パラダイスがあるのがインド(ゴアのアランボール)

90)寝起きすぐに動ける
→暑いので体が動きやすい

91)毎日洗濯がよく乾く
→絞らずに干しても次の日には乾いてる

92)薄着でいいから身軽でいられる
→暑くて薄着なので荷物がかさばらない

93)果物が甘い
→果物が豊富なだけでなく甘さもほどよい

94)スパイスが安いし豊富
→種類も豊富で激安。スパイスの宝石箱

95)汗をかける
→新陳代謝アップ

96)カレーを毎日食べられる
→カレー好きにはたまらない。日本のカレーとは味は全く異なる

97)リラックスできる
→誰も何も気にしないから(日本でもそうだとしても自分が気にしてしまうんだと思う)

98)何食べても美味しい
→はずれたって思うことが少ない

99)生きる力が湧いてくる
→エネルギッシュな人々を見ると元気をもらえる

100)好きだからいるだけで楽しい
→好きな国なので、いるだけで、呼吸しているだけで満たされる

以上です。
ハマる人はハマるインド。
安くも行けるし、豪華にもいける、いろんなことが楽しめるので、ビビっときたら行ってみてください。
ビビっは「行きなよー」のサインです。

美味しいインド、楽しいインド、パラダイスインド、汚いインド、カオスインド、苦しいインド、幸せインド、全部含めて私はインドが好きです。