CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

誰かの幸せを願うなら自分が幸せになる、まず自分を幸せにする

人の幸せを願った時、それがうまくいく方法は「身近なものを幸せにする」ことだと思います。
一番身近なものは、自分自身。
自分自身を幸せを思える状態にしておけば、幸せは連鎖すると予想しています。

そして、幸せにする方法は、自分の好きなことを好きな時に好きなようにやることだと思います。

私がそう思った理由は2つ。

理由1 「救おうとする人より自分勝手にやっている人に救われた経験」

私がストレスと体調不良でもがいていた時、助けようとしてくれる人がいましたが、症状が悪化しました。
私は、頼ってくれと言われ続けたため、自分で立ち直ることを諦めてしまったのです。
また、その人は誰かを助ける自分に酔っていて、頼られたいけど手を差し伸べることはできていなかったのです。
という状態だったで離れたら症状が激減しました。
無理して助けようとすることは、余計なお世話でしかないのです。
この場合、自立を完全に妨げていました。

私を本当に救ってくれたのは、自分を全力でハッピーに心地よくしようとしている人、自分がやりたいことをただやっている人。
ブログでみていただけですが、自分に素直で、ストレートで、自分を良く見せようとしているわけでもなく、他人を気にせず、ただ自分のやりたいようにやっている人にすごく救われていました。
世の中の意見、常識を超えて、自分の心に忠実な人。
そして、そんな人が起こしていく奇跡、それを見ていて心地よく、そこに希望をみていました。

好き勝手やってる人が希望を作り出すんだな、と思った日々が、私が自分の好きなようにしようと思ったきっかけの1つです。

理由2「救おうとして助けられる立場となった経験」

自分がそんなに幸せを感じていないとき、誰かの幸せにすることを必死になってた時期があります。
辛いだけでした。ノイローゼになりました。
相手にとっては、頼んでもないのにやってきて、体調を害して・・何なんだこの人っていう状態。
相手にとっても正義の押し付けされるだけで、余計なお世話だったと思います(私が↑でされたことと一緒)。
それでも優しい人たちは、私をいつでもヘルプしてくれました。
何か助けたいと思っていた私は、結局たくさんの人に助けられる立場となっていたのです。

人を救おうとするのは尊い気持ちかもしれないけど、その前に、自分を全力で幸せにすれば?とあの頃の自分に言ってあげたいです。

このことから、たくさんの人を幸せにしたい、って思うのであれば、まず自分を全力で幸せにしたらいいだけなんじゃないでしょうか。
その方法として、自分をとことん好きで囲い、そして幸せを感じるだけかなと思います。
そうすれば、きっとそれが自分→家族→友達→グループ→組織・・と連鎖して、自然とポジティブな方へ広がっていくのではないでしょうか。
自分が幸せだと、誰かの幸せを自然と願うようになり、そういう行動を自然とするようになり、その行動が誰かをあたため、その誰かも自然と次にそうしている・・
そんな感じではないでしょうか。

という理由で、誰かを救いたいと思うなら、大規模な平和や幸せを願うなら、まずは一番身近なところからそのように変えていくだけでいいのかもしれないと思いました。
なので、全力で自分の気持ちに忠実になるよう心がけ、全力で自分を満たそうと好きと心地よいもので囲んでいます。

世界平和やこの世が天国な状態は、皆が自分自身を幸せにできるようになればいいだけのような気もしています。
私も周りもただただここは天国だねって言っていた場所は、そういう空間でした。
だれもが好きな時に好きなことをして、ただただそれを満喫していました。
それぞれが好きなことをやりたい放題やってるから(いい意味で)、他の人がやってることを止めないし、否定しないし、気にもしない。そういう人々が勝手に好きなことをやっていいんだよっていう自由な空間を作り出していました。

そんなパラダイスなような空間は、どこにいても作れるはずです。
ただ自分の好きなことをして、他人の好きなことを好きなようにやっていることを尊重していればいいだけ。
そこに否定も肯定も不要です。

好きな時に好きなことが好きなようにできる雰囲気をもつパラダイスがたくさん増えますように!