CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

不安を解消する3つの対処方法(過去・現在・未来)

不安はあるべくしてあるんでしょうが、不安をコントロールできず支配されていいことなんて、何もないと思います。
未来を不安に思ったところで、望む未来がやってくるわけもないし、
不安を誰かに言ったところで、気持ち良くなるわけでもありません。

そんなことわかっていてもおそってくるのが不安。
私が不安におそわれる時の対処方法3つを紹介します。

1)過去をみない、後悔しない

過去を後悔しても100%変えることはできません。
過去を後悔するなら反省にして、じゃあ今どうすればいいのかを考えることに切り替えます。
相手がいたら相手の過去も求めません。参考程度にして、今のその人をみます。
相手の職歴や学歴などが気になってしまうことがありますが、今その人が自立して健康で、落ち着いて、自分も一緒にいて幸せだと思えるのなら、気持ちよくいられるなら十分じゃないでしょうか。
外からの固定概念にとらわれるのではなく、その人の過去でもなく、今のその人をみて、感じていればいいだけです。
・・・と自分に言い聞かせている途中です。

2)今できること、していることに最大限フォーカスする

何かをできないことを考えると不安になりやすいので、今できることにフォーカスしてみるのが良いです。
今歩いている、今呼吸をしている・・
どんなに簡単なことでも、今していることに意識して集中することで、不安を考える余地をなくします。
何もしていない時不安になってしまうなら、何かをする、そしてそれに集中してみる。
簡単すぎることだと不安なことを考えてしまうというなら、あえて難しいこと、集中しなきゃできないことをチョイスするのもいいと思います。
これは苦しい時にも適応できます。
キツイ時にキツイということではなく、今どういう風に体を動かしているか、に集中するキツイという気が紛れます。

ヨガ中に、次のポーズ嫌いだなーって考えながら前のポーズしていると辛い時間が増えるだけでした。そのポーズに入ったらそのポーズに集中する、ただ目の前のことに集中するというだけで、好きなポーズはより深く、ツライポーズも「効いてる〜作用してる〜あ、ここはこんな感じなのね〜」ってやってると嫌いでもないなって思えるようになりました。

3)望む未来を想像する

私は不安につぶされそうな時は、目標が実現したことを妄想します。
明るいことを考えることで不安が消えていきます。
しかも、向かいたい先を妄想するのはそれが実現しやすくなって有意義なこと。
不安になるたびに目標実現を妄想することにしたら、不安が多ければ多い方が見る回数が増えるということ。
つまり、実現に近づくということ。

不安を目標実現する力に変える、コントロールできなくても上手く付き合う、そうやって肩のチカラを落として生活できますように!