CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

お金について一切学んだことなかった私が理解した本

お金の勉強はしてこなかったし、学ぼうともしていませんでした。

お金お金と言っている割に・・・という自分に呆れつつ、

少しずつ勉強しようと読んだ

世界一受けたいお金の授業: 一生お金に困らない「稼ぐ、使う、貯める」技術が非常にわかりやすくて、参考になりました。

 

小学生にもわかるくらい分かりやすいと思います。

忘れたくない内容をちょっと箇条書きにしてメモしておきます。

お金の使い方について

・将来リターン見込みがあるもの

・人との縁をつくったり、深めるもの

 

これらは生き金、必要なお金、投資として快く使いたい。

節約とケチの違い

・自分の欲求を満たすだけの出費をおさえる=節約

・周りの人たちを喜ばせるためにお金を使えない=ケチ

 

その人の器がわかってしまいます。

働く姿勢とお給料

・もらった給料の3倍以上稼げれば、給料は自然とあがる 雇ってもらうのには人件費がかかっているし、会社継続にはいろいろな経費もかかっています。

自分のお給料分だけでなく、継続するためのお金や利益分は稼ぐのが道理。

 

会社がもうけを出すには、一人一人が自分のお給料の3倍稼ぐ必要があります。

 

・大小同時にみる=目先の自分が必要なお金だけをみるのではなく、国目線くらい大きく見ると考えは変わる

 

知らない間に「周りはどうでもいいから自分だけ助けて」と言いたくないですね。

でも実際そんな勝手なことを言ってはいないでしょうか。

給料の3倍は稼いでいないのに給料あげろと抗議したり、安く買いたい、でも給料増やして、とかもそうだと思います。

 

無知とは知らない間に、非道なことをしていたり、人を傷つけたり、不快にさせたりするものです。

そんな人にならないために、お金についても学ぶ必要がありそうですね。

 

知らなかった、だと周りだけでなく、自分もいろんなことに振り回されて困ってしまいます。 

リスクの少ない投資

・読書と人脈作り

金融や、不動産は今は不安定でリスキー。

お金を稼ぐ

・一時的な収入の多さだけでなく、時間(長期で稼げるか短期でしか稼げないか)も入れて計算する

・仕組みを考える(知る)

 

大人になってきて、新入社員時代を思い出すと反省することが多いです。

一生懸命なのに認められなくて、嘆いて、怒って、生意気言って・・

自分のことしか考えていなかったなと、お金について考えるほど、より反省します。

まとめ

お金について勉強することも、自分だけでなく、周りの幸せにもつながります。

 

お金はいろんな価値と交換できます。

お金持ちはより多くのことを助けることができます。

お金持ちは正義!