CLEAR LIST.com

旅するように暮らすミニマリストのブログ

不毛な必死さは省く(仕事観)

”不毛なことを必死にやって何もうまない”より、”冷静に見えても確実に成果をだせる” 方がいい働き方だと思います。

例えば、残業(サービス)して利益をあげられない人よりも、一切残業せず利益をあげられる人の方が良いということ。 若い頃そんなこと考えてもいなかったです。 仕事観がなかったんです。働き方については考えてなかったんです。

そんな私は自分を大切にすることなく、能力もないので残業(サービス) そして休日は愚痴大会。 今思ったら社長は成果さえだせれば他は自由という、今の私に近い考えを持っている人でした。 なのに愚痴大会。馬鹿はこちらでした。反省。

自分を大切にせずに頑張る、何の意味がなくても必死になる、ゴールがしっかり定まってないのに頑張る、それでも頑張ることが美徳、そんなことが多いように思います。多いというか多すぎるとも思います。

そういうやり方は、誰もせめられないけど、見ていて気持ちがよくもありません。 (自身の経験からですが、そういう人は愚痴も多い)

ゴールを明確に定め、そこに行くために努力する、そして成果を導く、これが仕事だと今は思えます。そうするにも、いかに最短で、少ない労力で成果をあげられるかを考えて行くことが大事。

良い仕事も「無駄を省く」からだなと思ったのでした。