CLEAR LIST.com

クリアになって、クリアしていく、クリアリングライフ

ファッション

ミニマリストOLワードローブの制服化!2017年秋の一週間コーディネート

季節ごとにコーディネートを制服化をしています。制服化させておくと朝迷うこともないし、自分的に満足しないコーディネートになってしまった!と失敗も避けられます。 お気に入りを着ていたら気分が上がるのに、それを着ないって勿体無い。毎日気分良く入ら…

10年ぶりの1人暮らしで増やしたものと、モノを増やさないコツ

シェアハウスから引っ越して、一人暮らしをはじめました。 今までシェアしたもののがないので以下のMONOを増やしました。

女性らしさを引き出し、魅力アップ!気持ちも華やぐ最小限のアイテム

必要性のないモノ、なくても生活に支障がないモノは真っ先に手放し、さらに、そういうモノは選ぶことも、持つこともありません。 アクセサリーもなくてもいいモノ、なくても支障がないどころか、ピアスはつけると化膿するマイナスな面もあったので、つけてき…

スタイリストとパリジェンヌから見るおしゃれのコツ

オシャレの秘密を知るためスタイリストとパリジェンヌのオシャレのコツを探ってみました。

ミニマリストの引越し準備〜靴下・ハンカチ・下着等 8アイテム編〜

引越し準備をせっせとしています。引越し準備は、断捨離期。好きを吟味する期間。今日は靴下、ハンカチ、下着、生理用品。デリケートなモノだからこそ、しっかり吟味。 案外総数は多くなりました。

ミニマリストの引越し前の断捨離~玄関(傘)編~

引越しが決まりました。引越し前はモノの再精査の絶好の機会。 いくらモノが少なくても、定期的に見直さないと死蔵が増えたり、管理しきれなくなります。 今回も半年前に引越した後よりもおそらく増えた荷物を一つ一つ見ながら、手放すもの、残すものを厳正…

トランク1つで暮らすミニマリストの引越し前の断捨離~バッグ類は全部で6点編~

引越しの準備は、すべての持ち物を一つ一つ精査していくこと。ということで、1点ずつ好きかどうか、今後使いたいかどうかをチェックしています。この作業が好きなのです。 今回は「バッグ(入れ物系)」をチェック!

トランクひとつで暮らすミニマリストの引越し準備〜ワードローブはオールシーズン合わせて18点〜

引越しはすべての持ち物を見直す良い機会。ということで、もうすぐ引越しなので、色々と見直しています。今回はワードローブです。

買ったのに着なかったをなくす、セールでも失敗しないアイテムの選び方

買ったのに着なかった、セールの無駄買いしてしまった・・こんなことが多くなるセールの季節ですが、そういう死蔵が全くない私のワードローブの増やし方を書いてみました。

トランクひとつで暮らすミニマリストの引越し準備〜玄関(靴)編〜

9月初旬に引越しがきまりました。 引越しや移動や移住は、引越しも楽になるし、一気に荷物管理ができるので自分の荷物の精査に適した期間。

ミニマリストの持ち物【衣類】スカーフ

一枚のきれいな布は、シンプルなファッションのポイントとなり、華やかさも増します。使い方も多様、そして持っていてもかさばらないという便利なもの。 色んな国へいくとその国の個性がでているのも布。ストールやスカーフをお土産にしたり自分用に必ず買い…

衣替え不要のミニマリストの洋服管理方法〜モノは流す〜

アイテム総数60前後の今ですが、その中で半数を占めるワードローブは入れ替えが激しい。循環がいいので滞りがなくいつも新鮮でいられます。そんな私の衣替えについて書きました

フランス、パリのパリジェンヌたちがオシャレな理由は、シンプル&ベーシックな着こなし

日常的にパリジェンヌのファッション考察をしていた方が、イラスト付きで分かりやすくパリのファッション事情を描いたパリ流おしゃれアレンジ! 3 靴からはじまる着こなしの魔法 。 この本には、間違いないコーディネートのコツ、年代別・コーディネート別シ…

思い切りがきっかけ?モノを減らすとともに減っていった不安と恐れ

今は、持たないことへの不安や恐れがなくなりましたが、はじめからなかったわけではありません。2015年1月の記事を読み返したら(消してこの記事と合体させました)、モノは少なかったけどモノを失う不安や恐れはまだ残ってたんだなと思いました。 モノと共に…

トランク1つで暮らすミニマリストOLのワードローブ〜11着着回し2017年夏の一週間コーデ〜

去年に続き、アラサー(三十代前半)ミニマリストOLの2017年夏のリアル一週間コーデです。制服のようにしるので、服に迷いません。いつもお気に入りしか着ない、置かないようにしています。 この記事、コピーや設定等雑誌風にして一人楽しんでいますがお付き…

ミニマリストの持ち物【衣】ハンキーパンキーのタンガ(ランジェリー)

毎日身につけるものだから、消耗品だからという理由で、下着も適当でいいと思った頃もありましたが、今は真逆です。 毎日を気持ち良く過ごしたいから、毎日使うものだからこそお気に入りを身につけていたいのです。

7コーデで2ヶ月着まわし!2016年秋のOLコーデ公開。季節ごとにコーディネートを決めるメリット

2016年秋、夏に続いて絶賛日本のOLを満喫している中、the OL的な格好をするのにはまっています。 夏になる頃に一週間分ワードローブを決めた所、今年の夏はコーディネートを選ぶ迷いがなくなり、ちぐはぐもなくなり、衝動買いもなくなってとてもよかったので…

"日本人は年間10kgの服を買い、そのうち9kg捨てている"といわれている衝撃

*過去記事加筆 日本人は年間10kgの服を買い、そのうち9kg捨てているといわれている 参考:経済産業省 3R政策 2005

今週の14着ワードローブ1週間着まわしOLコーデ〜真夏のミニマムワードローブ〜

一週間コーデを週末になんとなく考えておくと、毎朝今日何着て行こう?と迷うことがありません。なので、今週も何となく考えました。 持っている服はトップス 7着、ボトムス 7着。冬服は今ありません(冬は常夏の国に逃げていたのでありません。今後もできる…

「毎朝、服に迷わない」から得たしっくりくるファッションコーディネートのコツ

もともと好きだった定番の服に違和感を感じていたけど、何をどう買い替えたらいいか迷っていたので毎朝、服に迷わないを読みました。ブランド志向でもない、背伸びしすぎてない、女性らしく、カジュアル、リラックスしたコンサバなどTPOに合せられるコーディ…

ミニマリストOL〜季節ごとに一週間コーデを決め、ファッションをプレ制服化〜

スティーブジョブズやザッカーバーグ、オバマ氏といえば、毎日の服が制服化されていることで有名。決めることが多い人たちなので、生活の中から決めることを減らすためだとも言われています。そんな制服化に憧れましたが、ファッションは多様に楽しみたいの…

ワードローブを少なくしたい!ミニマリストのワードローブのコツ5選

洋服や小物は断捨離に悩むところですが、ワードローブを少なくしてもファッションを楽しむことはできます。ワードローブを減らしたファッションのコツを紹介します。

安いのに安っぽくない、無駄買いなし、何だかオシャレのワードローブのコツ4選

余裕を持って楽しむのがオシャレ。オシャレのための”モノ”に左右されて生活を窮屈にしてしまいたくはないですね。ということで、オシャレに余裕を持つためのコツを4つ紹介します。

「服を買うなら、捨てなさい」スタイリストから教わるワードローブのコツ

ひきの強いタイトルの本「服を買うなら、捨てなさい /地曳 いく子 (著)」がワードローブ選びに参考になりました。*2015年の記事修正

22回目!?の引越し記念!ミニマリストの全持ち物公開1回目〜ワードローブ編〜

近々、22回目くらい(もうわからない)の引越しを控えています。 時間もあり、良い機会なので引越し荷物を見える化することにしました。 引越し荷物は、私の持っている全持ち物となります。 以前旅の全荷物を公開しましたが、今回は日本での生活アイテム全て…

値段が高い服を買うことをやめて、身の丈にあったものを選ぶ

服は、どんなに高くても気に入ったなら買っていましたが、私にはこれが向いていないことに気が付きました。 なぜなら、高いからという理由で、うまく使いこなせないから。

ミニマリストでも旅でもオシャレしたい!12アイテムだけで過ごす旅中コーディネート 後編

全ファッションアイテム12着だけ!ミニマリスト旅女のリアルな旅先ファッションの全貌 前編 - ALL IN SIMPLE〜ミニマリストのクリアリスト〜にひき続き、12の旅先衣類系アイテムのリアルコーディネートを紹介します。12アイテムと書きましたが、靴、バッグ、…

全ファッションアイテム12着だけ!ミニマリスト旅女のリアルな旅先ファッションの全貌 前編

トートバッグに全荷物7キロ以内におさめてアジアや途上国中心に旅する自称ミニマリスト旅女の旅先コーディネートの全貌を明らかにします。

自分だけの自分のためのファッションフォルダ

日本に帰国して立ち寄った本屋さんでビビッときた本がoookickooo FASHION SKETCH BOOK きくち あつこ (著)です。 イラストでオシャレスナップが描かれていて、それがどれもかわいいのです。 春夏秋冬、色別でともて見やすく、tips的なコメント付きなのが参考…

”幸せとは欲しいものを手に入れることではなく、持っているもので満足すること”

幸せとは欲しいものを手に入れることではなく、持っているもので満足すること ベストセラーで書店に並べられている「フランス人は10着しか服を持たない」という本の中で引用されていた言葉です。